Strapiのアップデートに関するガイド

2 min read読了の目安(約2100字

この記事は Strapi Advent Calendar の20日目の記事です。

TL;DR

  • Strapiは2020年現在、開発が盛んに行われているためアップデートが頻繁に発生する
  • アップデートに関してはドキュメントがしっかり整っているため、簡単に行うことができる

フレームワークを使用した開発の際に避けて通れないのは、依存したフレームワーク自体のアップデートを追従していくことです。アップデートしたら動かなくなった、という自体は避けたいものの、新機能やバグフィックスはすぐに適用させていきたいものです。
本記事では、Strapiのアップデートに関する情報を紹介します。

動作環境

この記事では

strapi 3.3.2

を利用しています。

Strapiの最新バージョンの確認方法

Strapiはnpmで管理されているため、https://www.npmjs.com でバージョン情報が確認できます。ここで、Strapiのバージョン情報を確認しましょう。

利用中のStrapiのバージョンの確認方法

<プロジェクトルート>/package.json にバージョン情報が格納されています。

{
  ...
  "dependencies": {
    ...
    "strapi": "3.3.2",
    ...
  }
  ...
}

また、管理画面にも表示されています。

Strapiをアップデートする

package.jsonstrapi-x をアップデートしたいバージョンに応じて変更しましょう。

{
  //...
  "dependencies": {
    "strapi": "3.3.4",
    "strapi-admin": "3.3.4",
    "strapi-connector-bookshelf": "3.3.4",
    "strapi-plugin-content-manager": "3.3.4",
    "strapi-plugin-content-type-builder": "3.3.4",
    "strapi-plugin-email": "3.3.4",
    "strapi-plugin-graphql": "3.3.4",
    "strapi-plugin-upload": "3.3.4",
    "strapi-plugin-users-permissions": "3.3.4",
    "strapi-utils": "3.3.4"
    //...
  }
}

出典: Update Strapi version

この際、手動で別途変更する箇所がある場合があります。どのような場合にどのような変更をする必要があるかは、Migration guides を参考することができます。ここで、行おうとしているバージョンアップに該当するガイドがある場合は、その手順に従います。

その後installを行い、ビルドします

$ npm install
$ npm run build -- --clean

これでアップデートは完了です。

以下のコマンドで正常に実行できることを確認しましょう。

$ npm run develop

まとめ

Strapiはバージョンアップが頻繁に発生しますが、マイグレーションガイドが丁寧にドキュメント化されているため、迷わずにアップデートしやすい環境になっています。この記事、公式ドキュメントを参考にアップデートをお試しください。

リファレンス