ecspresso advent calendar 2020 day 7 - status

1 min read読了の目安(約1300字

Amazon ECS のデプロイツールである ecspresso の利用法をまとめていく ecspresso Advent calendar 7日目です。

ECS サービスの状態を確認する status コマンド

ecspresso status コマンドは現在の ECS サービスの状態を表示します。--no-wait で各種操作を行ったあとの状態確認にも使用できます。

$ ecspresso --config config.yaml status
Service: nginx-service
Cluster: ecspresso-demo
TaskDefinition: first-run-task-definition:2
Deployments:
   PRIMARY first-run-task-definition:2 desired:1 pending:0 running:1
Events:
2020/12/05 12:38:24 (service nginx-service) has reached a steady state.
2020/12/05 06:38:07 (service nginx-service) has reached a steady state.

表示される項目は次のとおりです。

  • サービス名
  • クラスタ名
  • 現在サービスに設定されているタスク定義とリビジョン
  • サービスに存在しているDeployment
    • デプロイ時に起動するタスク群の状態です。デプロイが進行中の場合、複数のDeploymentが表示されます
  • サービスのイベントログ
    • デフォルトでは直近の2イベントが表示されます

status コマンドのオプション

$ ecspresso --config config.yaml status --help
usage: ecspresso status [<flags>]

show status of service

Flags:
  --help           Show context-sensitive help (also try --help-long and --help-man).
  --config=CONFIG  config file
  --debug          enable debug log
  --events=2       show events num

--events

表示するイベントログの件数を指定します。


8日目はサービス内で動作しているタスクを、設定は変更せずにすべて入れ替える方法を説明します。

https://zenn.dev/fujiwara/articles/ecspresso-20201208