ぼくの考える最強のタレントマネジメントシステム 5つの要件

1 min read読了の目安(約1300字

要件一覧

業務提案とセットになっている

  • いまやっていることを自動化するだけのものではない
  • 「何をしたらいいのかわからない」を解決するものである
  • 可視化することがゴールではなく、そこから自然なアクションにつなげられる

最小限の機能からすぐに導入できる

  • システム肥大化の罠にハマらない
  • 小さな部品を組み合わせてやりたいことを実現できる
  • 効果がありそうな施策をすぐに始められる
  • 施策を実施した結果を受けて、より効果を出すための改善がやりやすい
  • 効果がなかった施策はすぐにやめられる

情報の非対称性を解消できる

  • 個人やチームではあたりまえの情報を、チームの外に可視化できる
    • 「人事部がすでに管理している情報」にとどまらない
    • 現在の組織構造に現れない業務上のコミュニケーション経路など
  • 日々の業務のやり取りの中から、自然に情報を集めることができる
    • 現場に負担をかけることなく、無理なく最新の情報を可視化できる

真のエンゲージメント要因にフォーカスしている

社員全員が触れる

参考書籍

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274064067/

https://gihyo.jp/book/2018/978-4-7741-9605-3

https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=3816-3