【リリースまで学べる】位置情報APIを使ったFlutterアプリ開発

【リリースまで学べる】位置情報APIを使ったFlutterアプリ開発

【購入される前に】 macOSでの動作が推奨となります。Windows環境での説明は不十分です。 この本は今後もコンテンツの追加、修正がおこなわれる予定です。 またこの教材はFlutter大学の課題学習プラン以上の会員であればご覧いただけます。 Flutter大学→ https://flutteruniv.com 【この本で勉強できること】 👶 プロジェクト作成からアプリリリースまでの一連のプロセスを学べます。 💙 If文などのDartの基礎知識を実践しながら学べます。 🤖 pub.devに上がっているpacakageのインストール方法と使い方を学べます。 😽 GitHubの基本的な使い方を学べます。 💔 基本的なエラーの対処方法について学べます。 🧑‍💻 Google Places APIを使ったアプリ開発を実践的に学べます。 🗾 位置情報を使ったFlutterアプリ開発について学べます。 📱 別のアプリに遷移する方法である「URLスキーム」について学べます。 🎨 アプリ開発に必要なCanvaの使い方を学べます。 🎬 YouTubeにこの本に準拠した動画があり、実際のPCの動きを見ることが可能です。 【この本で勉強しないこと】 ・StatefulWidgetで状態管理をしているのでRiverpodやProviderは学べません。 ・画面数が少ないのでフォルダ構成やデザインパターンの勉強にはなりません。 ・位置情報は使っておりますが、Map機能は実装していません。 【動画教材】 https://youtu.be/V8qIdW0eMnE 【リリースされているアプリ】 https://apps.apple.com/us/app/id1669374345 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kboy.toilenow

Author
Flutter大学
Topics
公開
本文更新
NEW
文章量
79,615
価格
3,000