F#の型プロバイダについて雑に紹介する

3 min読了の目安(約2800字TECH技術記事

型プロバイダー(Type Provider)とは?

型プロバイダー - F# | Microsoft Docs

F# 型プロバイダーは、プログラムで使用する型、プロパティ、およびメソッドを指定するコンポーネントです。 型プロバイダーは、F# コンパイラによって生成され、外部データ ソースに基づく、指定型と呼ばれるものを生成します。

……らしいです。
私がわかる限りで言うと、読み込んだJSON, XML, CSV, HTMLやRDBなどのデータソースから型を生成し、さらにIntelliSenseも効くようになるものです。
おおよそデータを扱う上での主要なファイルの型プロバイダーは存在していて、自作する必要性はなさそうな気がしていますが、SDKも存在しており自作も可能です。

これがあると何が嬉しい?

F#のデータアクセス用ライブラリ FSharp.DataSQLProviderのドキュメントに例示されているデモにもありますが、データソースに応じてクラスを作成する必要性がありません。

ちょっとした例

Json

Jsonの型プロバイダーはFSharp.Dataのライブラリにあります。他にも前述したとおり、CSVやXML,HTMLの型プロバイダーもこちらに含まれます。
ちなみにFSharp.Dataは他にもパーサーなどの機能もあり、Webスクレイピングにも用いることが可能です。

[
    {
        "name" : "John Doe",
        "age"  : 20,
        "gender" : "M"
    },
    {
        "name" : "Taro Tanaka",
        "age"  : 33,
        "gender" : "M",
        "country" : "Japan",
        "active" : true
    }
]

上記のJsonファイルを例として用意します。
自分では一切型を定義していない状態で、以下のように記述することが可能です。

open FSharp.Data

type ExampleJsonData = JsonProvider<"exampleData.json">
let json = ExampleJsonData.GetSamples()

json |> Array.iter(fun j -> printfn "%s %d %s" j.Name j.Age j.Gender)
// John Doe 20 M
// Taro Tanaka 33 M

ちなみに、片方にしか存在しない"country"などはOption型として扱われます。

Excel

ExcelProviderを使用することで、Excelファイルも扱うことが可能です。

String Float Boolean Date Time Currency Name 日本名
A 1.23 TRUE 2020/10/25 10:55:25 AM 1250円 Taro Tanaka 田中 太郎
B 2.22 FALSE 2020/10/26 12:54:12 PM 10015円 John Doe ジョン ドゥ

上記のようなデータを持つExcelファイルを用意します。

open FSharp.Interop.Excel

type DataTypesTest = ExcelFile<"DataTypes.xlsx">
let file = DataTypesTest()
let row = file.Data

row |> Seq.iter(fun r -> 
    printfn "%s %b %s %A %f %s %A %s" r.String r.Boolean r.Currency r.Date r.Float r.String r.Time r.日本名)
// A true 1250円 2020/10/25 0:00:00 1.230000 A 1899/12/31 10:55:25 田中 太郎
// B false 10015円 2020/10/26 0:00:00 2.220000 B 1899/12/31 12:54:12 ジョン  ドゥ

日本語が含まれていてもプロパティとしてアクセスできます。

おわりに

近々、年月日毎に散逸したExcelファイルをまとめる機会がありそうなので、久しぶりにExcelの操作に関して調べていたところ、型プロバイダーについて着目する機会を得たので雑に紹介してみました。

各ライブラリはdotnet CLIを用いてプロジェクトに追加できます。

dotnet add package FSharp.Data
dotnet add package ExcelProvider && dotnet add package ExcelDataReader && dotnet add package ExcelDataReader.DataSet

また、F#は.fsxの拡張子で保存し、F# Interactive(dotnet fsi)から実行することでスクリプト言語としても使用可能です。
他にも、Azure StorageGraphQL用のライブラリが存在しています。