🐡

ECSで管理するコンテナonEC2のインスタンスタイプ変更時の注意

2021/12/16に公開約800字

ECSで管理されたコンテナonEC2の場合、EC2のコンソールからポチポチでインスタンスタイプを変更することは出来ません。

公式ドキュメントにちゃんと書いてあります。

コンテナインスタンスを停止してそのインスタンスタイプを変更することはできません。代わりに、コンテナインスタンスを終了し、必要なクラスター内の Amazon ECS に最適化された最新の Amazon Linux 2 AMI で、必要なサイズの新しいコンテナインスタンスを起動することをお勧めします。詳細については、このガイドのLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドおよびAmazon ECS Linux コンテナインスタンスの起動の「インスタンスの終了」を参照してください。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonECS/latest/developerguide/ECS_instances.html#container_instance_concepts

これは、コンテナは使い捨てである、イミュータブル(作成後にその状態を変えることのできないオブジェクト)であるということから、そういう仕様なのでしょう。

しかし、変えようと試された方がいらっしゃいました。

https://blog.serverworks.co.jp/2020/08/05/193842

私は、Autoscallingが無いケースでした。EC2内部に設定ファイルがあり、そのファイルを更新することでインスタンスタイプを変えられるのだとか。

ここからが新しい発見ですが、t3.midiumからt3.largeへのインスタンスタイプの変更は上記ブログのやり方で出来ました。
しかし、t3.largeからc4.largeへ変えようとすると出来ませんでした。
すいませんが、インスタンスファミリーを変える方法はまだ調査中なので、分かったら更新します。

Discussion

ログインするとコメントできます