📦

Anyenv をアップデートする

2023/01/23に公開

この記事を見たら anyenv アップデートしよう👍

anyenv-update を使う

anyenv-update という anyenv のプラグインを使うと便利です。

https://github.com/znz/anyenv-update

% mkdir -p $(anyenv root)/plugins
% git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-update

update コマンドが anyenv に追加されます。

% anyenv update

これでインストール済みの rbenv や nodenv が更新されます。

あとはいつも通りツールをアップデートする

インストール済みの node や ruby、python といったツールをインストールしましょう。

% anyenv versions

nodenv:
* 16.16.0 (set by /Users/***/.anyenv/envs/nodenv/version)
  18.6.0
rbenv:
* system

Ruby 3.2.0 を入れる

(補足)Ruby 3.2.0 以降をインストールしようとしたら libyaml が入っていないということで怒られたので先に入れておく必要があります。

Ruby3.2.0をインストールするときは、libyamlも必要

% brew install libyaml
% rbenv install -l
2.7.7
3.0.5
3.1.3
3.2.0
jruby-9.4.0.0
mruby-3.1.0
picoruby-3.0.0
truffleruby-22.3.0
truffleruby+graalvm-22.3.0

% rbenv install 3.2.0
% rbenv global 3.2.0

% anyenv versions
nodenv:
* 16.16.0 (set by /Users/***/.anyenv/envs/nodenv/version)
  18.6.0
rbenv:
  system
* 3.2.0 (set by /Users/***/.anyenv/envs/rbenv/version)
% source ~/.zshrc
% ruby -v
ruby 3.2.0 (2022-12-25 revision a528908271) [x86_64-darwin21]
% rbenv rehash

ちなみに rbenv の rehash は ruby の新しいバージョンを入れたタイミングとかでやっておくといいらしいです。
参考:rbenv rehashをちゃんと理解する

Discussion

ログインするとコメントできます