🗂

【Flutter Widget of the Week #18】CustomPaintを使ってみた

2022/10/28に公開約5,100字

はじめに

Flutter Widget of the Week #18 CustomPaint についてまとめましたので、紹介します。
https://youtu.be/kp14Y4uHpHs

CustomPaint

Flutter で複雑にUIをカスタマイズしたいとき、CustomPaint が選択肢の一つとして使えます。
CustomPaint は canvas を提供していて、グラフや複雑な図形を自由に描画できます。
では、サンプルを動かして使い方を見てみましょう。

CustomPaint サンプルコード

サンプルはボタンをタップすると円が描画されたり、消えたりを繰り返すアニメーションが実行され、もう一度ボタンをタップすると処理が止まる、という動きになってます。
CustomPaint サンプル実行画面
CustomPaint サンプル実行画面

サンプルコード全体

main.dart
class CustomPaintSample extends StatefulWidget {
  const CustomPaintSample({super.key});

  
  State<StatefulWidget> createState() {
    return CustomPaintSampleState();
  }
}

class CustomPaintSampleState extends State<CustomPaintSample>
    with SingleTickerProviderStateMixin {
  late Animation<double> _animation;
  late AnimationController _animationController;

  
  void initState() {
    _animationController =
        AnimationController(duration: const Duration(seconds: 2), vsync: this);
    _animation = Tween(begin: 10.0, end: 100.0).animate(_animationController)
      ..addListener(() {
        setState(() {});
      });

    super.initState();
  }

  
  void dispose() {
    _animationController.dispose();
    super.dispose();
  }

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: const Text('CustomPaint Sample'),
      ),
      body: Center(
        child: Column(
          children: <Widget>[
            Opacity(
              opacity: _animationController.isAnimating ? 1.0 : 0.00,
              child: CustomPaint(
	        size: const Size(0, 200),
                painter: _CirclePainter(_animation.value),
              ),
            ),
            Container(
              margin: const EdgeInsets.only(top: 150),
              child: ElevatedButton(
                style: ElevatedButton.styleFrom(
                  backgroundColor: Colors.yellow, //ボタンの背景色
                ),
                onPressed: () {
                  if (_animationController.isAnimating) {
                    _animationController.reset();
                  } else {
                    _animationController.repeat();
                  }
                },
                child: const Text(
                  '起動/停止',
                  style: TextStyle(
                    color: Colors.black,
                  ),
                ),
              ),
            ),
          ],
        ),
      ),
    );
  }
}

class _CirclePainter extends CustomPainter {
  double radius;

  _CirclePainter(this.radius);

  
  void paint(Canvas canvas, Size size) {
    var c = const Offset(0, 200.0);
    var paint = Paint()
      ..isAntiAlias = true
      ..color = Colors.blue
      ..strokeWidth = 5.0;
    canvas.drawCircle(
      c,
      radius,
      paint,
    );
  }

  
  bool shouldRepaint(CustomPainter oldDelegate) {
    return true;
  }
}

使い方としては、
まず CustomPaint widget を widget ツリーに追加します。
そして、CustomPaint に size と painter を指定します。

CustomPaint(
  size: const Size(0, 200), //size を指定
  painter: _CirclePainter(_animation.value), //painter を指定
)

次に painter の中身を作成していきます。
CustomPainter を extends したクラスを作り、 paint と shouldRepaint の2つのメソッドを実装します。

class _CirclePainter extends CustomPainter {
  
  void paint(Canvas canvas, Size size){
    // ・・・
  }
  
  
  bool shouldRepaint(CustomPainter old){
    // ・・・
  }
}

paint メソッドは canvas を作るメソッドです。
今回は canvas.drawCircle() で円を描画します。


void paint(Canvas canvas, Size size) {
  var c = const Offset(0, 200.0);
  var paint = Paint()
    ..isAntiAlias = true
    ..color = Colors.blue
    ..strokeWidth = 5.0;
  canvas.drawCircle(
    c,
    radius,
    paint,
  );
}

他にも様々な方法で描画できます。

canvas.drawLine()
canvas.drawRect()
canvas.drawCircle()
canvas.drawArc()
canvas.drawPath()
canvas.drawImage()
canvas.drawImageNine()
canvas.drawParagraph()

shouldRepaint メソッドは customPainter が再構築されるときに呼ばれるメソッドです。
古い widget(再構築前の widget)を再利用すべきかを判断し、必要な場合のみ再構築が行われるようになります。

@override
bool shouldRepaint(CustomPainter oldDelegate) {
  return true;
}

CustomPaint のプロパティについて

CustomPaint にはプロパティがいくつかありますので、一部紹介します。

(new) CustomPaint CustomPaint({
  Key? key,
  CustomPainter? painter,
  CustomPainter? foregroundPainter,
  Size size = Size.zero,
  bool isComplex = false,
  bool willChange = false,
  Widget? child,
})

①painter

canvas に描画する内容を設定する
型は CustomPainter 型

②foregroundPainter

canvas に描画する内容を設定する
型は CustomPainter 型
①のpainterとやることは同じだが、描画する順番が異なります。例えば、以下のように CustomPaint を作るとしたら、描画は painter → child → foregroundPainter の順で上に重ねる形で描画されます

CustomPaint(
  child: childWidget(),
  foregroundPainter: DemoForegroundPainter(),
  painter: DemoPainter(),
)

③size

CustomPaint に child がない場合に、レイアウトの制約を考慮して CustomPaint が目指すサイズを指定する
デフォルトは Size.zero
型は Size 型

最後に

今回は CustomPaint を紹介しました。UIをもっと複雑なものにしたいとき、CustomPaint の使い方さえ知っていれば作れると思うと、覚えておきたい widget ですね。
サンプルで作った円だけでなく、三角や四角も作るの難しくないので、是非試しに作って見てください。
次は #19 Tooltip です。またお会いしましょう。

参考記事

https://api.flutter.dev/flutter/widgets/CustomPaint-class.html

Discussion

ログインするとコメントできます