🐋

【1分】 最小構成でReact Typescript Docker コンテナ開発

2022/10/05に公開約1,400字

Project structure

. PROJECT_ROOT
└── front
    ├── node_modules/
    ├── public/
    ├── src/
    ├── Dockerfile
    ├── docker-compose.yml
    ├── package-lock.json
    ├── package.json
    └── tsconfig.json 

作成手順

1.npx create-react-app . --template typescript

shell
$ mkdir front && cd front
$ npx create-react-app . --template typescript // 今いるフォルダ内(front)にcreate-react-appのビルド

2.Dockerfileを作成

Dockerfile
# Node.js Docker image Linux 軽量ディストリビューション
FROM node:18-alpine
# ./(PROJECT_ROOT以下)をイメージのファイルシステム上の/frontにコピー
COPY ./ /front
# コマンドを実行する場所として使う作業ディレクトリ
WORKDIR /front
# パッケージをインストール
RUN npm install
# localhost:3000で起動
CMD npm start

3.docker-compose.ymlを作成

docker-compose.yml
version: "3.7"
services:
  front:
    container_name: front
    build:
      context: .
      dockerfile: Dockerfile
    volumes:
    # ./を/frontにバインドマウント
      - type: bind
        source: ./
        target: /front
    working_dir: /front
    command: npm start
    # 標準入出力先のデバイス コンテナが正常終了するのを防ぐ コンテナを持続させる
    tty: true
    ports:
    # コンテナの3000ポートをホストマシンの3000ポートに割り当てる
    # ホスト側:コンテナ側
      - 3000:3000

コンテナを起動

sehll
$ docker compose up

localhost:3000でReactが起動しているか確認

http://localhost:3000

コンテナに入る

コンテナは起動したまま

$ docker container exec -it front sh

GitHubリポジトリ

https://github.com/eternaleight/smrt-docker

Discussion

ログインするとコメントできます