👾

Gather.Town さわってみた

commits4 min read

はじめに

会社の先輩にGather.Townというコミュニケーションツールを教えてもらい、
なんだかゲームみたいで面白そうだなーと思ったのが今回検証するきっかけ。

https://gather.town/

ブログとの出会い

Gather.Townは海外のサービスでまだまだ情報が少ない。
公式ドキュメントはあるけど、もっと簡単に始められる方法はないか?
そんな時、先輩にこちらのブログを紹介してもらった。

https://dev.classmethod.jp/articles/gather-town-as-a-virtual-office/
Gatherの使い方を初心者にも分かりやすく解説してあり、とても参考になった。
以降からは、上記ブログと公式ドキュメントを見て実施した内容をまとめている。

Gather.Townとは

バーチャル空間でアバターを操作しながら、ビデオ通話やチャットができる、
公式の言葉を借りてたとえるなら、ポケモン x Zoomのようなサービス。
アカウント登録後、交流スペースを作成したら25名までは無料で利用できる。
Image from Gyazo
キーボードの矢印キーでアバターを操作する、まるでゲームのような世界。

基本的な機能

Gather.Townでできることをざっと紹介。

スペース作成

スペースというのは、Gather.Town上での交流スペースのことを指す。
事前に用意されたテンプレートを使うか、後述のMapmakerで独自のスペースを作成できる。
Image from Gyazo

アバター設定

初回ログイン時にGather.Town内での名前を入力し、アバターを選択する。
アバターに関しては顔・髪型と、アバターに着せる服が選べる。
Image from Gyazo

ログイン後も変更可能

ビデオ通話・チャット

相手のアバターに近づくと、ビデオが表示され会話ができるようになる。
逆に離れると声が遠くなるという、リアルな距離感を再現しているのが面白い。
以下の画像は、相手と一定の距離を置いて会話している様子。
Image from Gyazo

離れすぎるとビデオが消え、声も聞こえなくなる

チャットに関しては、相手との距離が離れていても利用できる。
Image from Gyazo

ステータス設定

現在の状況をテキストで表示できる。
一度設定したテキストは保存され、次回以降選択が出来るようになる。
Image from Gyazo

画面共有

画面下のモニターアイコンを押下すると画面共有が開始される。
Image from Gyazo
画面共有中は以下のように背景が見えなくなる。
Image from Gyazo

他にも以下の機能がある。

  • アバターのリアクション
  • 現在地の確認
  • ビデオ会議サービスとの連携
  • 動画埋め込み

独自のスペース作成

独自のスペースを作成できる、Mapmakerというツールが用意されている。
操作は難しくないので、以下のブログで機能を一通り把握すれば、初めての人でも作成できると思う。

https://dev.classmethod.jp/articles/gather-town-create-custom-space-from-scratch/
ちなみに私が初回作成したスペースは以下のような感じ。
簡単なレイアウトなので設計などはせず、直接Mapmakerで作った。
Image from Gyazo
Image from Gyazo

スプレッドシートでの設計

Mapmakerの操作に慣れてきたころ、某コーヒーショップの店内を再現したくなった。
そこでスプレッドシートを使ってざっくり設計してみた。
壁・床・テーブルなどのオブジェクトサイズを踏まえて範囲を決めた。
Image from Gyazo

オブジェクト配置

設計図にそって実際にオブジェクトを配置していく。
欲張ってお店の外の風景も作りこんでしまった。
Image from Gyazo

完成

2時間程度で以下のスペースを作り上げた。

  • Mapmaker
    Image from Gyazo
  • スペース表示
    Image from Gyazo

今までこのような空間を作成する機会がなかったので、最初は作ることに不安があった。
でも、やってみると意外にできることが分かったのは良い収穫。(センスの有無は置いておいて)
頑張ればオフィスとかも再現できるかもしれない。

料金

繰り返しとなるが、25名までは無料で使用できる。
25名以上で使いたい場合は、以下の3種類の料金体系から用途に応じて選択する。
TownCityプランは特定のオブジェクト配置に制限がかかるので注意。
まずは無料枠で試してみて決めるのがよいと考える。
Image from Gyazo

おわりに

アバターを使って実際に会っている感覚を得られる事に面白さを感じた。
Gather.Townではその場にいる人とグループで会話ができるので、懇親会など多数が参加するイベント利用に向いているなと思う。

参考資料

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます