npm -g install 〇〇で失敗する時の対処法

公開:2020/09/16
更新:2020/09/16
1 min読了の目安(約700字TECH技術記事

npm -g install @vue/cliなどのコマンドを実行して、いざvue createを実行しようとした時にno commandと言われたことはありませんでしょうか?
この記事はそんな方へ向けた記事です。

STEP1 .npm-globalという名前でフォルダを作成

ターミナルで下記のコマンドを実行してください。

mkdir ~/.npm-global

STEP2 npmの権限を新しいディレクトリパスに変更

ターミナルで下記のコマンドを実行してください。

npm config set prefix '~/.npm-global'

STEP3 .bash_profileを開く

ターミナルで下記のコマンドを実行してください。

open ~/.bash_profile

.bash_profileがない場合は、下記のコマンドを実行後、open ~/.bash_profileを実行してください。

mkdir ~/.bash_profile

STEP4 .bash_profileにシステム変数を更新するためのコードを記述

.bash_profileに下記のコードを記述してください。

export PATH="$PATH:$HOME/.npm-global/bin"

STEP5 システム変数を更新

.bash_profileの中身を実行するコマンドを実行します。(これを"パスを通す"と言ったりします)
ターミナルで下記のコマンドを実行してください。

source ~/.bash_profile

以上で設定完了です。