gethコマンド まとめ

1 min read読了の目安(約1500字

Gethインストール

$ brew tap ethereum/ethereum
$ brew install ethereum

Geth起動

$ mkdir ~/main_data
$ cd ~/main_data
$ geth --dev --datadir .              // gethプロセス起動
$ geth attach geth.ipc

アカウント作成

> eth.accounts                       // アカウント確認
> personal.newAccount("test01")      // アカウント作成
> eth.coinbase                       // etherbase (coinbase)作成

マイニング

> miner.start()                     // マイニング開始
> eth.mining                        // マイニング中か否か
> eth.hashrate                      // マイニング中でない場合、ハッシュ・レートは0となる。
> miner.stop()                      // マイニング終了
> eth.getBalance(eth.accounts[0])   // 持ち高表示

送金

> personal.unlockAccount(eth.accounts[0])  // アカウントロック解除
> eth.sendTransaction({from: eth.accounts[0], to: eth.accounts[1], value: 10000})
> eth.getBalance(eth.accounts[1])          // 確認
> eth.getTransaction('10x010x010x010x0')   // 手数料(gasPrice)確認

接続確認

> net.listening           // 疎通確認
> net.peerCount           // 接続されているノード数
> admin.nodeInfo
> admin.peers             // 接続されているノード情報

privateネットワーク

$ mkdir ~/private_net
$ cd ~/private_net
$ vim Genesis.json        // Genesisファイル作成
$ geth --datadir private_net init Genesis.json
$ geth --dev --datadir .              // gethプロセス起動
$ geth attach geth.ipc

参考文献