🐥

2020年版 Go言語 環境構築【Windows編】

1 min read

Step1: Goのインストール

Downloadページ最新のものをダウンロードします。

https://golang.org/dl/

ダウンロード後は実行して基本的に案内通りにインストールを進めます。

完了したらコマンドプロンプトでインストールができていることを確認。うまくできていれば下記コマンドを実行するとUsageやCommandsが表示されます。

$ go
.
.

これでインストールは完了です。

Step2: VScodeの設定 拡張機能のインストール

エディタはVScodeを前提として設定を記載します。
まずGoの拡張機能をインストールします。

ファイル -> ユーザ設定 -> 拡張機能

からgoと検索して出てきたものをインストールします。

インストールが完了したら一度VScodeを再起動します。

Step3: VScodeの設定 gotools

VScodeの再起動が完了したら Command + Shift + P でコマンドパレットを開いてgotoolsと入力します。

Go:Install/Update Toolsを選択して全て選択して実行します

Step4: Goワークスペースの作成

デフォルトのGoワークスペースはユーザのホームディレクトリの直下 $HOME/go になります。

$ go env

を実行した際に表示されるGOPATHがデフォルトの設定です。特に理由もなければこのままにしておくことをお勧めします。

.
.
set GOPATH=C:\Users\<username>\go
.
.

Goワークスペースは3つのディレクトリがあります。

  • srcディレクトリ: Goのソースファイルが置かれる
  • binディレクトリ: Go tools によってインストール、またはbuildされた実行ファイルが置かれる
  • pkgディレクトリ: Goパッケージアーカイブが置かれる

初期状態だとsrcディレクトリがないかもしれません。ない場合はGOPATH直下にsrcディレクトリを作成します。

このような階層であることを確認してください。

└── $HOME
    └──go/
       ├── bin
       ├── pkg
       └── src

Step5: テストコードの実行

試しに一つコードを実行してみます。テスト用のプロジェクトディレクトリとコードを作成します。(Git Bachを使用している想定で記載しています。適宜、読み替えをお願いします。)

ディレクトリの作成

$ mkdir $GOPATH/src/sample_project

ソースコードの作成

$ touch $GOPATH/src/sample_project/main.go

main.goの中身は以下です。

package main

import (
	"fmt"
)

func main() {
	fmt.Println("Hello, playground")
}

main.goと同じ階層に移動して、ファイルを実行します。

$ go run main.go

VScodeからの場合はファイルを開いた状態でCtrl + F5で実行可能です。

以上で環境構築は完了です。

参考

  • Udemy: Master Go (Golang) Programming: The Complete Go Bootcamp 2020

Discussion

ログインするとコメントできます