📊

LineRendererで引いた線にBoxColliderを設置する(3D)

2022/12/06に公開

要約

  1. LineRendererで原点からX軸方向に線を引く
  2. BoxColliderを設置する
  3. 線を本来の方向・位置に回転・移動させる

コード全体

LineRendererAndBoxCollider.cs
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class LineRendererAndBoxCollider : MonoBehaviour
{
    void Start()
    {
        Vector3 startPos = new Vector3(1.0f, 1.0f, 5.0f);  // 始点
        Vector3 endPos = new Vector3(5.0f, 5.0f, 1.0f);    // 終点
        Vector3 lineVec = endPos - startPos;
        float dist = lineVec.magnitude;
        Vector3 lineX = new Vector3(dist, 0f, 0f);        

        // LineRendererで原点からX軸方向に線を引く
        GameObject line = new GameObject("Line");
        LineRenderer lineRenderer = line.AddComponent<LineRenderer>();
        lineRenderer.useWorldSpace = false;
        Vector3[] linePositions = new Vector3[] {Vector3.zero, lineX};
        lineRenderer.SetPositions(linePositions);

        // BoxColliderを設置する
        BoxCollider col = line.AddComponent<BoxCollider>();

        // 線を本来の方向・位置に回転・移動させる
        line.transform.rotation = Quaternion.FromToRotation(lineX, lineVec);
        line.transform.position += startPos;   
    }
}

記事の目的

Unityの3D空間にLineRendererで線を引いて、その線にBoxColliderを設置する方法を解説します。試しに、LineRendererで引いた線にそのままBoxColliderを設置してみます。

Vector3 startPos = new Vector3(1.0f, 1.0f, 5.0f);  // 始点
Vector3 endPos = new Vector3(5.0f, 5.0f, 1.0f);    // 終点

GameObject line = new GameObject("Line");
LineRenderer lineRenderer = line.AddComponent<LineRenderer>();        
Vector3[] linePositions = new Vector3[] {startPos, endPos};
lineRenderer.SetPositions(linePositions);

BoxCollider col = line.AddComponent<BoxCollider>(); // BoxColliderを設置

すると、BoxColliderの形は下図の緑部分のようになってしまいます(Physics DebuggerでBoxColliderを可視化しています)。BoxColliderは向きを指定できないため、回転しないまま線全体を包もうとして、無駄に大きくなってしまいます。

 BoxColliderを回転させて線にフィットするように設置するためには、工夫が必要です。具体的には、まずX軸方向に線を引いてBoxColliderを設置した後で、本来の方向に回転させるという方法でやります。

1. LineRendererで原点からX軸方向に線を引く

最初に、引きたい線の長さを取得します。

Vector3 startPos = new Vector3(1.0f, 1.0f, 5.0f);  // 始点
Vector3 endPos = new Vector3(5.0f, 5.0f, 1.0f);    // 終点
Vector3 lineVec = endPos - startPos;
float dist = lineVec.magnitude; // 引きたい線の長さ

その長さだけX軸方向に伸びているベクトルを作成します。

Vector3 lineX = new Vector3(dist, 0f, 0f);

次に、LineRendererを用意します。

GameObject line = new GameObject("Line");   // 空のゲームオブジェクトを作成
LineRenderer lineRenderer = line.AddComponent<LineRenderer>();  // LineRendererをアタッチ

LineRendererで原点からX軸方向に、本来引きたい線の長さだけ伸びる線を引きます。

lineRenderer.useWorldSpace = false; // ローカル座標系に切り替える
Vector3[] linePositions = new Vector3[] {Vector3.zero, lineX};
lineRenderer.SetPositions(linePositions);

useWorldSpaceをfalseにしてLineRendererの座標系をローカル座標系に切り替えているのは、あとで線を移動させるためです。もしtrueのまま(=ワールド座標系のまま)だと、LineRendererをアタッチしたオブジェクトのTransformを変化させても、SetPositionsで設定した線の頂点の位置は変化しません。つまり、線を回転・移動させられなくなってしまいます。

2. BoxColliderを設置する

このタイミングで、線にBoxColliderを設置します。すると、線の方向・位置はともかく、線にフィットするようにBoxColliderが設置されます。

3. 線を本来の方向・位置に回転・移動させる

そして、原点からX軸方向に伸びていた線を、本来の始点から本来の方向に伸びるように直します。FromToRotationを使って線をX軸方向から本来の方向へ回転させ、原点(現時点での線の始点)が本来の始点と重なるように線全体を移動させます。

line.transform.rotation = Quaternion.FromToRotation(lineX, lineVec);    // 本来の方向に
line.transform.position += startPos;    // 本来の位置に

これによって、BoxColliderも線と一緒に回転・移動します。以上の手順で、LineRendererで引いた線にフィットするBoxColliderを設置することができました!

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます