🚀

MacBook Pro (Apple Silicon, M1 PRO, 2021) でPython開発環境を整える

1 min read

開発用マシン

MacBook Pro (Apple Silicon, M1 PRO, 2021)
macOS Monterey version 12.0.1

  • Python 3.9.7で開発を行います。
  • バージョンはQt5の対応の関係で上のものになっています。
  • 深層学習とGUIアプリケーション開発が主です。

手順

  1. Homebrewのインストール
  2. Miniforgeのインストール
  3. PyQt5のインストールとリンク

Homebrewのインストール

まず、macOS用のパッケージ管理ツールであるHomebrewをインストールします。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

Miniforgeのインストール

% brew install miniforge

Pythonの開発環境の作成

ローカルの開発環境をPython 3.9.7で作成します。

% conda create -n dev_env python=3.9.7

作成した開発環境に切り替えます。

% conda activate dev_env
(dev_env) %

Pythonライブラリの追加

お好みで開発に必要なPythonライブラリ群をインストールします。

(dev_env) % conda install numpy scipy scikit-learn scikit-image opencv pandas jupyter jupyterlab -y

macOS用のTensorflowパッケージの追加

深層学習に必要なTensorflowパッケージ群をインストールします。
Tensorflowパッケージ、macOS版Tensorflow Pythonライブラリ、Metalプラグインを追加します。

(dev_env) % conda install -c apple tensorflow-deps -y
(dev_env) % python -m pip install tensorflow-macos -y
(dev_env) % python -m pip install tensorflow-metal -y

GUI開発用のQt5のインストール

PythonアプリケーションのGUI開発に必要なPyQt5をインストールします。

%  brew install pyqt5

Anacondaで作成した開発環境から、HomebrewでインストールしたPyQt5を呼び出せるようにシンボリックリンクを張ります。

% ln -s /opt/homebrew/Cellar/pyqt@5/5.15.4_2/lib/python3.9/site-packages/* /opt/homebrew/Caskroom/miniforge/base/envs/dev_env/lib/python3.9/site-packages 

これでセットアップが完了しました。

Jupyter Labの起動

ブラウザでJupyter Labを開きます。
作成した開発環境に入り、コマンドを実行します。

% conda activate dev_env
(dev_env) % jupyter lab

ブラウザでJupyter Labのワークスペースが開きます。

Discussion

ログインするとコメントできます