📖

SaaSを運営する組織における技術とは、ユーザの問題を解決するソフトウェアを生み出し、利用され、維持し、より効率を高めるためのものである

2022/09/30に公開約900字

技術とはなんだろう。
技術は、科学の原理を用いて問題などを解決することで価値を生み出せるものである。

SaaSとはなんだろう。
ソフトウェアをサービスとして提供することである。

ソフトウェアとはなんだろうか。
コンピュータへの命令で、その命令は用いてコンピュータが問題を解決してくれる。
コンピュータは科学てきなものであるため、ソフトウェアは技術的なものだ。

SaaSを運営するというのは問題などを解決して、価値を生み出すことだろう。
そのサービスを実現するのは技術である。価値がある。
そのサービスが動き続けて価値を生み出せる状態を維持するのも技術である。サービスが価値を生み続けてくれる。
そのサービスが生み出す価値を大きくするのも技術である。サービスが生み出す価値がより大きくなる。
そのサービスを維持する効率を高めるのも技術である。浮いた時間でサービスの価値をさらに高められる。
そのサービスが生み出す価値を大きくすることの効率を高めるのも技術である。サービスが生み出す価値がより早く大きくなる。

では、サービスが生み出す価値を大きくするだろうと思われる活動の効率化は価値があるだろうか。わからない。サービスが生み出す価値が大きくならないかもしれない。
では、サービスを維持する効率を高めることは価値があるだろうか。浮いた時間の利用方法次第では価値があるだろう。
では、サービスが生み出す価値を大きくすることは価値があるだろうか。価値はあるが大きくすることがわかるだろうか。
では、サービスを実現することは価値があるだろうか。わからない。サービスによって価値を得る人がいなければサービスを実現しても価値はない。

ソフトウェアの改善はソフトウェアが価値を生み出し、価値を向上できることが前提があって初めて価値がある。ユーザがいて、ユーザの問題を解決することで生み出される。

SaaSにおける技術とは。

  • Softwareを実現すること
  • Serviceを維持しSoftwareが利用できること
  • Softwareの利用者が増やせること
  • SoftwareやServiceを改善すること
  • SoftwareやServiceの改善する時間を短くすること

Discussion

ログインするとコメントできます