🦁

2重矢板AIプロジェクト Episode1

2022/07/03に公開約1,200字

堤防を超速で復旧! 設計AIの開発~2重矢板~(その1)

どうも~イーグルです

堤防の決壊

皆さん「堤防」って知っていますか?

河川が大雨で増水した際に、僕たちの家や資産を守ってくれるのが、「堤防」です。
これがないとマジで、大雨の時に怖いですよね
(堤防ありがとう!)


出典:国交省HPより

もし堤防が壊れたら、えらいことになりますよね・・・

堤防の決壊がもしも起こってしまった場合、
ASAP(as soon as possible)で、復旧したいところです。

決壊に対する対策→2重矢板

堤防が決壊した場合は、2重矢板と呼ばれる仮の締め切りを超速で施工して、水の流出を防ごうぜ、っていうマニュアルがあります。

よーし、このマニュアルでゴリゴリ設計して、速攻復旧しよう!ってなるわけですが、

大きな問題があります。

「河川のどこで壊れるか予測できん!」ってところです。

どこで壊れるか予測が難しいため、
壊れた箇所で、その都度、設計を行って、最適な矢板を決める必要があります

2重矢板AIの開発

お待たせしました・・・
お待たせしすぎたかもしれません、ここでようやく本題です。

「ミスなく超速かつ最適な設計」を実現するための解決策として、

このAIによって、
ミスなく超速でかつ最適な設計をやっちゃおうぜってことです。

具体的には、
①想定されるあらゆるケースを網羅的にやっておく
②それをAIに学習させておく
③堤防が決壊したら、現場の条件に応じた最適な鋼矢板の諸元が即座にでてくる!
っていう夢のようなアプリを作ります。

次回以降、具体的なAI作成の内容を詳述していきます。

Discussion

ログインするとコメントできます