🔧

AgdaをWindows Subsystem for Linuxにインストールする方法

2 min read

前置き

Windows環境でAgdaを使いたい人 かつ Agdaのバージョンに頓着しない人
であれば簡単にセットアップする方法があるそうです。

以下はWindows環境で特定のバージョンのAgdaをインストールしようとして上手くいかなかった人向けです。

前提環境

使用しているのはWSL 2上のUbuntu 20.04 LTSです。
Stackがインストールされていることを前提とします。

以下のコマンドを実行してパスが通っていることを確認します。

stack --version

事前準備

念のためパッケージ一覧の更新を行います。

sudo apt update

必要な依存を追加でいくつかインストールします。

sudo apt install zlib1g-dev
sudo apt install libtinfo-dev

この手順をスキップすると、Agdaのインストールの際にエラーが発生してしまいました。
zlib1g-dev → zlib関連のエラー
libtinfo-dev → linker関連のエラー

Agdaをインストールする

AgdaのGitレポジトリをクローンし、インストールしたいバージョンのブランチに切り替えます。
例えばv2.6.1.1の場合は以下。

git clone https://github.com/agda/agda.git
cd agda
git checkout v2.6.1.1

Stackを使い、指定のGHCバージョンでAgdaのインストールを行います。

とても時間がかかります。

stack install --stack-yaml stack-8.8.3.yaml

インストールに成功するとそのパスが表示されますので、忘れずにPATHに追加しておきます。

export PATH="$PATH:<Your Executables Path Here>"

Agdaがインストールされたか確認します。

agda --version

標準ライブラリのインストール

標準ライブラリのGitレポジトリをクローンし、使いたいバージョンのブランチに切り替えます。
例えばv1.3の場合は以下。

git clone https://github.com/agda/agda-stdlib.git agda-stdlib
cd agda-stdlib
git checkout v1.3

agda-stdlibディレクトリの中にstandard-library.agda-libファイルがあることを確かめ、そのパスを覚えておきます。

ホームディレクトリ直下に.agdaディレクトリを作成します。

cd ~/
mkdir .agda

.agdaディレクトリ直下に2つのファイルlibrariesdefaultsを作成します。

defaultsファイルはテキストファイルで、以下の通り記述します。

standard-library

librariesファイルもテキストファイルで、先ほどのstandard-library.agda-libファイルへのパスを記述します。

参考にしたサイト

Discussion

ログインするとコメントできます