📤

GitHub へのアップロード関係をまとめた bat ファイル群 [git-bat]

2022/06/29に公開約6,400字

git-bat

https://github.com/DriCro6663/git-bat

上記のリンクにアクセスして、Release からダウンロードできます。

詳しい使い方は、README.mdREADME-en.md にまとめました。

ここでは、ソースコードについて解説させていただきます。
まぁ、コメントを読めば、どういう操作をしているか分かると思いますが……

git-first-commit.bat

コードを表示させたい場合はクリックしてください。
git-first-commit.bat
@echo off

@rem 文字コード Shift-JIS -> UTF-8 変更
chcp 65001

@rem Move to the base directory.
cd ..

@rem set user name
set USER_NAME=DriCro6663

@rem Set repository name
set THIS_PATH=%CD%^\
for %%1 in ("%THIS_PATH:~0,-1%") do set REPOSITORY_NAME=%%~nx1
echo Repository name is "%REPOSITORY_NAME%"

@rem Git initialization
echo git init
call git init

@rem Commit all the files you have changed.
echo git add .
call git add .
echo git commit -m "first commit"
call git commit -m "first commit"

@rem Set remote repository settings.
echo git branch -M main
call git branch -M main
echo git remote add origin https://%USER_NAME%@github.com/%USER_NAME%/%REPOSITORY_NAME%.git
call git remote add origin https://%USER_NAME%@github.com/%USER_NAME%/%REPOSITORY_NAME%.git

@rem Check remote repository settings.
echo git remote -v
call git remote -v

@rem Push remote repository.
echo git push -u origin main
call git push -u origin main

echo Press the key to exit ...
pause > NUL

echo 終了します
exit
git-first-commit.bat
@rem 文字コード Shift-JIS -> UTF-8 変更
chcp 65001

文字コードを Shift-JIS -> UTF-8 に変更します。
この操作をしないと、正常に作動しません。

git-first-commit.bat
@rem Move to the base directory.
cd ..

実行ファイルパスから一つ上の階層に移動します。

もしも、実行ファイルパスが D:\GitHub-Home\repository_name\git-bat なら、一つ上の階層 D:\GitHub-Home\repository_name に移動します。

git-first-commit.bat
@rem set user name
set USER_NAME=DriCro6663

GitHub のユーザーネームの設定です。

git-first-commit.bat
@rem Set repository name
set THIS_PATH=%CD%^\
for %%1 in ("%THIS_PATH:~0,-1%") do set REPOSITORY_NAME=%%~nx1
echo Repository name is "%REPOSITORY_NAME%"

実行ファイルから 2 つ上の、bit-bat フォルダから 1 つ上の階層のフォルダ名を取得します。
そのフォルダ名を GitHub のリポジトリ名と同じものにしておいてください。

実際にやっていることは、

  1. THIS_PATH にカレントディレクトリを代入。Ex. THIS_PATH = D:\GitHub-Home\repository_name
  2. for 文を使用して、\を元に一つ上の階層の名前、つまりリポジトリ名を REPOSITORY_NAME に代入。Ex. REPOSITORY_NAME = repository_name
  3. 確認のためにリポジトリ名の出力。Ex. Repository name is "repository_name"

下記のリンクを参考にさせていただきました。

https://qiita.com/k1tajima/items/ebf4145367ef268dc124
git-first-commit.bat
@rem Git initialization
echo git init
call git init

ローカルリポジトリを初期化します。

git-first-commit.bat
@rem Commit all the files you have changed.
echo git add .
call git add .
echo git commit -m "first commit"
call git commit -m "first commit"

ローカルリポジトリ内の全てのファイルをアップデートするために認識します。

add コマンドや commit コマンド、push コマンドについて知りたい場合は、下記のリンクを参照してください。

https://qiita.com/atsushi101011/items/96054ebbd876e378cac4
git-first-commit.bat
@rem Set remote repository settings.
echo git branch -M main
call git branch -M main
echo git remote add origin https://%USER_NAME%@github.com/%USER_NAME%/%REPOSITORY_NAME%.git
call git remote add origin https://%USER_NAME%@github.com/%USER_NAME%/%REPOSITORY_NAME%.git

リモートリポジトリのブランチを main に設定します。
その後、origin という名前のリモートリポジトリを追加します。
リモートリポジトリの URL は、https://%USER_NAME%@github.com/%USER_NAME%/%REPOSITORY_NAME%.git です。

詳しく知りたい方は、ググってください。
分かりやすく説明できるほど、自分も理解できていな為……

git-first-commit.bat
@rem Check remote repository settings.
echo git remote -v
call git remote -v

設定したリモートリポジトリの URL を確認します。

git-first-commit.bat
@rem Push remote repository.
echo git push -u origin main
call git push -u origin main

ローカルリポジトリの全ファイルをリモートリポジトリにアップデートします。

エラーが出る場合は、アップデートするファイル群の容量が大きいためかもしれません。
その場合は、ソースコードのみのフォルダをアップデートして、全てのファイルを含んだものを Release に圧縮して、アップデートしましょう。

git-first-commit.bat
echo Press the key to exit ...
pause > NUL

出力を確認するために、pause コマンドで一時停止します。
何かのキーを押すことで終了します。

git-first-commit.bat
echo 終了します
exit

終了処理です。

git-update.bat

コードを表示させたい場合はクリックしてください。
git-update.bat
@echo off

@rem 文字コード Shift-JIS to UTF-8 変更
chcp 65001

@rem Move to the base directory.
cd ..

@rem Commit all the files you have changed.
echo git add .
call git add .
echo git commit -m "new commit"
call git commit -m "new commit"

@rem Push remote repository.
echo git push -u origin main
call git push -u origin main

echo Press the key to exit ...
pause > NUL

echo 終了します
exit
git-update.bat

そのうち、まとめます。

00-git-set-proxy.bat

コードを表示させたい場合はクリックしてください。
00-git-set-proxy.bat
@echo off

echo Set proxy setting for npm

set SERVER=proxy.sample.ac.jp
set PORT=0000

@rem Check the proxy settings
call git config --global -l

@rem Set http_proxy
call git config --global http.proxy http://%SERVER%:%PORT%/
@rem Set https_proxy
call git config --global https.proxy http://%SERVER%:%PORT%/

@rem Check the proxy settings
call git config --global -l

echo Press the key to exit ...
pause > NUL

echo 終了します
exit

そのうち、まとめます。

99-git-del-proxy.bat

コードを表示させたい場合はクリックしてください。
99-git-del-proxy.bat
@echo off

echo Set proxy setting for npm

set SERVER=proxy.sample.ac.jp
set PORT=0000

@rem Check the proxy settings
call git config --global -l

@rem Delete http_proxy
call git config --global --unset http.proxy
@rem Delete https_proxy
call git config --global --unset https.proxy

@rem Check the proxy settings
call git config --global -l

echo Press the key to exit ...
pause > NUL

echo 終了します
exit

そのうち、まとめます。

test.bat

コードを表示させたい場合はクリックしてください。
test.bat
@echo off

setlocal

cd ..

set USER_NAME=DriCro6663
set THIS_PATH=%CD%^\
for %%1 in ("%THIS_PATH:~0,-1%") do set FOLDER_NAME=%%~nx1

rem テストコード

echo.
echo Current directory is "%CD%"^\
echo Full path is "%~f0"
echo %%~dp0 is "%~dp0"
echo.
echo Folder name is "%FOLDER_NAME%"
echo https://DriCro6663@github.com/DriCro6663/%FOLDER_NAME%.git
echo User name is "%USER_NAME%"

echo Press the key to exit ...
pause > NUL

echo 終了します
exit

処理確認用の bat ファイルです。
実際に実行して処理を確認してみてください。

まとめ

git コマンドをググるのが面倒であり、手で覚えるまでに至らなかったので、よく使うコマンドをまとめた bat ファイルを作成しました。よろしければお使いくださいッス!

Discussion

ログインするとコメントできます