📞

050plus を Grandstream社 のIP電話 GRP2602 に紐づける

2021/12/23に公開約3,600字

月額300円程度のIP電話を契約して、それを固定電話にしてしまおうというお話です。

050plus + 固定電話で検索すると色々でてきます。
その2021年12月 GRP2602 版になります。

  1. 050plusに入会する
  2. アマゾンでIP電話機を買う
  3. 設定を行う
  4. スマホから050plusアプリをアンインストールして動作検証する

050plusに入会する

まずは入会です。IP電話は制約があったり地域性の信用がと言われたりします。
それも昔の話で、皆さんがLINEを使うように、固定電話を自宅で持たない時代になったように認識は徐々に変化し社会行動は変わっていくようです。
最近は会社でも携帯1本はよくあるとの事です。

とはいえ同じ番号ですと、会社がそれなりに大きくなったり部署単位でやり取りとなった場合限界が来ます。
そのためとりあえずIP電話を取得してみます。月額300円程度のサービスがいくつかあるようですが、
NTTさんにしておけばと脳死で申し込みます。

これがすごいことで、10分くらいでばんごうを取得してスマホアプリで電話の受信、発信ができます。スゴイ!

アマゾンでIP電話機を買う

アマゾンでGrandstreamと検索すればそのメーカーのIP電話機が一杯ヒットします。
電話業者ではないので詳細はご自身の責任で調べてほしいのですが、間違って「1台目に子機を買わないように」と、注意を促すブログを見かけました。
そのため安全に国内正規品のものを買いました。攻める人は海外のものや、オークションで手に入れているようです。

設定を行う

参考記事1選

設定を行う際、いくつでもヒットするんですが、参考になったサイトを1つに絞るならコチラのブログです。

https://growpeople.jp/2019/10/07/050gxp1620/

実機の設置から

まず製品をセットアップします。電源入れてLANいれて。
この時、ちゃんと接続できていると勝手に日本語になって、勝手に時刻も調整されて、勝手にローカルIPが割り当てられます。
これだけでも今の電話スゲーなって思うんですけど、ここでそのIPにブラウザでアクセスします。

管理画面にアクセス

ttp://192.168.**.**にアクセスするとこんな感じです。

するとこんな感じで、ちゃんと日本語もあります。

ログインは機種とかにもよるかもですが、ググると多いのが [admin / admin]。
ところが私はそれを信じて、ログインできないなーと5回くらいログイン試してたら
不正アクセスと間違えられて5分間ロックがかかってしまいました(笑)
いやーよくできてる。よくできてるじゃない。初期アカウント何よ??と困っていました。

ネットにもないんですよ。でもあったんです。電話機にパスワードがね。

いやースゴイ時代ですね。これは初期パスなんですぐに変えることになります。

次が050plusのSIPアカウントの取得です。

どうやるんだろ?って最初スマホアプリをいじったんですがみつからず。
どうもプログラムURLがあるようで、そこにpost送信でデータを送ると情報が取得できるようです。

<form method="post" target="_blank" action="https://start.050plus.com/sFMCWeb/other/InitSet.aspx">
	<input type="hidden" name="ifVer" value="6.0">
	<input type="hidden" name="apVer" value="2.0.4">
	<input type="hidden" name="buildOS" value="IOS">
	<input type="hidden" name="buildVer" value="5.1">
	<input type="hidden" name="buildModel" value="Android">
	<input type="hidden" name="earlyStFlg" value="0">
	電話番号   : <input type="text" name="no050"><br>
	パスワード : <input type="password" name="pw050">
	<input type="submit" value="送信">
</form>

こんな感じのフォームで送るとXMLデータが返ってきます。

sipIDが認証ID
sipPwdが認証パスワード
tranGwAdがSIPサーバ、アウトバウンドプロキシ
nicNmがSIPユーザID
です。

ちなみに早い話こちらでサクッと取得できると思います。

https://cps.saloon.jp/037

アカウント: 一般設定

ログインしたらアカウント1の設定を行います

アカウント名はユニークな適当なもので、名前は会社で使うなら企業名がいいのかな?
とりあえずさきほど取得したSIPアカウント情報を入力していきます。

NATトラバースはKeep-Aliveにするみたいです。

で、保存と保存して適応がありますが、基本保存して適応でいいと思います。
一通り設定が終わったら、右上の電源アイコンで電話機の再起動を行います。
そのため強制ログアウトが一旦されます。
まだSIPやコーデックの設定があるので「保存して適応」でSIP設定にうつります。

アカウント: SIP設定

初期で入力はされています。050plusの場合、こうしなければというのがあるらしく。
SIP転送は「TLS/TCP」に変更します。ローカルSIPポートは先輩記事にならいましたが、
公式のマニュアルだと50000ポート~みたいな記載もあります。ここは環境にあわせて自由でいいと思います。

アカウント: Codec Settings

コーデックの話です。どうも2019年に事件があったようですが、今は落ち着いていてとりあえずG.729A/Bにすればいいようです。とりあえずPCMUとかだとダメです。
あと、右と左を間違えないようにしましょう(笑)

ここまで保存、適応が済んだら、右上の電源アイコンをポチっとして再起動しましょう。

問題なければ緑ランプが点灯

これが点灯しても必ずしも完了ではないのですが、SIPアカウントの登録が上手くいっていればここが緑になってます。
もし緑にならない場合は入力ミスが起きていると思います。050plusのアカウント情報を再確認してください。

スマホから050plusアプリをアンインストールして動作検証をする

さて、ここでスマホの050plusアプリを削除します。とりあえずどっちでも受信できると問題が起きるケースがあるといった記事があるので考えずにただアンインストールします。
その後は、IP固定電話からスマホに電話をかけ、続いてスマホからIP電話にかけます。ともに会話ができたらOK!!終了です!!お疲れ様でした。

Discussion

ログインするとコメントできます