🌟

さくらサーバーTips

2022/08/16に公開約1,300字

1. さくらのネームサーバにゾーン情報があると、レンタルサーバーにドメインを追加設定できない。

以下さくらインターネットからの回答

弊社レンタルサーバの仕様上、弊社ネームサーバ[ns1.dns.ne.jp./ns2.dns.ne.jp.]にゾーン情報がある状態では、レンタルサーバにドメインを追加設定できません。

どうすれば良いか?

一度ネームサーバを別のものに切り替えていただいた上で[ns1.dns.ne.jp./ns2.dns.ne.jp.]のゾーン情報を削除し、レンタルサーバにドメインを追加後、ネームサーバを切り戻すことで停止時間を最小にすることは可能かと存じます。

2. レンタルサーバー側にサブドメインを追加しているときに、さくらのネームサーバにサブドメインCNAMEを追加しても、認識されない。

おそらく、勝手にネームサーバーがレンタルサーバーの方に向いてしまうため。(すごく不便)

example.comをご利用の「さくらのレンタルサーバー」でsub.example.comをご利用されたい場合はサーバコントロールパネル<ドメイン/SSL<ドメイン一覧からsub.example.comを追加でご利用いただけます。

サーバコントロールパネル<ドメイン/SSL<ドメイン一覧から「sub1.sub.example.com」を追加されない場合は参照致します。

サーバコントロールパネル<ドメイン/SSL<ドメイン一覧「sub1.sub.example.com」を追加いたしますとexample.comのゾーン情報で追加されたCNAMEが有効化されない状況になります。

3. さくらのネームサーバーに登録するCNAMEレコードは、必ず末尾に.をつける必要がある。

末尾に.をつけないと、同じゾーン内のサブドメインとして認識されてしまう。(お名前.comや、バリュードメインなどは逆に.が不要なので、サービスによって仕様が違うので注意が必要)

4. HTTPS通信のためのSSL証明書は、ぱっと見、有料のものを購入しないといけないように見えるが、ちゃんと無料でLet's encryptで発行できる。

できる。

5. Let's encryptで発行すると、失敗する時が結構ある。その時は秘密鍵を削除して、もう一回発行手順を踏めば良い。

このメッセージが出たらそう。

6. 「会員メニュー」と「レンタルサーバーコントロールパネル」は別で、「会員メニュー」のログイン情報がないとさくらに直接問い合わせできない

できない。そして罠が多いので、基本的に、公開前の作業などがある場合は、会員ログイン情報をもらって、事前に作業内容について、問題ないか、問い合わせしたほうがいい。

Discussion

ログインするとコメントできます