🚀

Oracle Cloud: ArmインスタンスにOracle Instant Clientをインストール

1 min read

Oracle CloudのArmインスタンスにOracle Instant Clientをインストールする手順

Linux ARM用(aarch64)用のOracle Instant Clientは以下のサイトからダウンロードできる

https://www.oracle.com/jp/database/technologies/instant-client/linux-arm-aarch64-downloads.html

ダウンロードするパッケージ
・Basicパッケージ(ZIP)
・SQL*Plusパッケージ(ZIP)
・ツールパッケージ(ZIP)
・SDKパッケージ(ZIP)

作業用のユーザー(oracle)を作成

sudo groupadd -g 4000 oracle
sudo useradd -g 4000 -u 4000 -d /home/oracle oracle

以降の作業はoracleユーザーで実施
ファイルを展開

unzip zip/instantclient-basic-linux.arm64-19.10.0.0.0dbru.zip
unzip zip/instantclient-sqlplus-linux.arm64-19.10.0.0.0dbru.zip
unzip zip/instantclient-tools-linux.arm64-19.10.0.0.0dbru.zip
unzip zip/instantclient-sdk-linux.arm64-19.10.0.0.0dbru.zip

Oracle CloudのAutonomous Databaseに接続したい場合は、以下の手順で接続用の設定を用意する
・DB Connectionメニューからwalletをダウンロード
・ダウンロード時にパスワードを指定する (このパスワードはDB接続には使わない)
・ダウンロードしたらzipファイルを展開
・sqlnet.oraを編集 DIRECTORY=の設定を、zipファイルを展開したフォルダ名にする
・Oracle ClientのTNS_ADMINを、このフォルダ名に設定

sqlnet.oraの設定例

WALLET_LOCATION = (SOURCE = (METHOD = file) (METHOD_DATA = (DIRECTORY="/home/oracle/instantclient_19_10/network/admin/wallet")))
SSL_SERVER_DN_MATCH=yes

環境設定 .bashrcに以下を設定

export ORACLE_CLIENT_HOME=$HOME/instantclient_19_10
export NLS_LANG=Japanese_Japan.UTF8
export PATH=$ORACLE_CLIENT_HOME:$PATH
export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_CLIENT_HOME:$LD_LIBRARY_PATH
export TNS_ADMIN=$HOME/instantclient_19_10/network/admin/wallet

source .bashrcで設定を反映して、sqlplusで接続してみる
例:

sqlplus user@db202107131435_tp

Discussion

ログインするとコメントできます