🎉

【Go】echoを使ってAPIサーバーを3分で構築してみる

1 min read

概要

Go の WEB フレームワーク echo を使って API サーバーを 3 分で構築します。

echo logo image
High performance, extensible, minimalist Go web framework

構築してみる

環境構築

$ mkdir echo-get-started && cd echo-get-started
$ go mod init echo-get-started                  # モジュール初期化
$ go get github.com/labstack/echo/v4
$ go get github.com/labstack/echo/v4/middleware # middlewareも必要なのでインストール

実装

server.go
package main

import (
	"net/http"

	"github.com/labstack/echo/v4"
	"github.com/labstack/echo/v4/middleware"
)

func main() {
  // インスタンスを作成
  e := echo.New()

  // ミドルウェアを設定
  e.Use(middleware.Logger())
  e.Use(middleware.Recover())

  // ルートを設定
  e.GET("/", hello) // ローカル環境の場合、http://localhost:1323/ にGETアクセスされるとhelloハンドラーを実行する

  // サーバーをポート番号1323で起動
  e.Logger.Fatal(e.Start(":1323"))
}

// ハンドラーを定義
func hello(c echo.Context) error {
  return c.String(http.StatusOK, "Hello, World!")
}

実行

/echo-get-started
$ go run server.go

以下のような画面がターミナルで表示されたら、サーバーは起動しています。
running echo server image

ブラウザで http://localhost:1323/ にアクセスすると、
echo return hello world image

「Hello, World!」が表示され、API サーバーとの通信が確認できました!

まとめ

初めて Go のフレームワークを使ってみましたが、echo は最低限の実装で動き、とてもシンプルで直感的に理解しやすいフレームワークだなと思いました。
次回は Context や CRUD な API など、今回触れられなかった部分を深掘りしていきたいと思います。

参考

echo 公式
echo Github

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます