📚

ふりかえりカタログ素振り #31 555

2022/01/15に公開約1,100字

#0 && 記事リスト
カタログ作者さんのQiita記事

https://qiita.com/viva_tweet_x/items/cc3bad3bd298406b6cc7
出典
https://hurikaeri.booth.pm/items/2656128

素振りターゲット

#31 555」の素振りをします。
カテゴリは「アイデアを出し合う」「アクションを決める」

target
pattern

これはなに?

  • グループ別に話題を出す
  • 話題とグループを入れ替える
  • さらにその先へ~

想定所要時間(3-4人チーム)

  • N x m分
    • N := 1回の所要時間
    • m := 入れ替えの回数

感想

  • (名前忘れたけど)意図的に前提を壊してアイデアを伸ばすやりかたのやつぽい
    1. e.g. 「核家族」に向けたサービスを考えてみる
    2. しばらく考えてアイデアをあれこれ出す
    3. 良き所で前提条件「核家族」を4象限的にマッピング
      • 親の親と別居 / 同居
      • 子が一人 / 複数
    4. 元の前提条件「核家族」の類する象限とは別の象限に対して、出したアイデアをぶつけてみる
    • → 意図的に「壊して」、新たな何かをひねり出す
  • とすると、入れ替えの回数は1~2回くらい、じゃない?
    • 多いと大変すぎる。「え、また?」になる
      • し、単に入れ替え回数を増やすだけではすぐ頭打ちしそう
    • 「1回入れ替えて、ネタ晴らしして、追加の1回」くらいかな?
  • 「入れ替えるほど案が伸びる」は手練れ向けに聞こえるけど、なぁ。。。

良い点

  • マンネリの解消にはすごくいいかも
    • マンネリ == いつも同じ == 発想が変わらない
  • 強制的に「新しい考えかたに触れる」方法なので
  • 「ちょっと趣向を変えてみましょうかー」でもいいかも
    • 「あれこれって~~のやつの見た目変えただけやん?」にはなりにくい

難しい点

  • いい距離間のグループを作れる、か?
    • 「マンネリ解消」を目標にする場合、近すぎる人だとあまり変わらない
    • 極端に遠い人の方が面白いかも(そもそも場を楽しめる人用)

はてな?

  • なし

やってみたい度(1~5)

5点
1回はやってみよう

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます