相乗平均の散らばり度合い

1 min read

データa_1,\,a_2,\,\cdots,\,a_nの相乗平均をKとする。

このデータの散らばり度合いは

\frac1n\sum_{i=1}^{n}(\log a_i-\log K)^2

で表される。

xの関数

f(x)=\frac1n\sum_{i=1}^{n}(\log x-\log a_i)^2

x=Kのとき、最小となる。

Discussion

ログインするとコメントできます