🐙

GitHub CodespacesでJuliaを使ってみた。

2022/11/13に公開約1,000字

はじめに

2022年11月10日にGitHub Codespaces が月60時間無料にするとアナウンスがありました。以前,Julia言語をweb上で使ってみたいと思っていたのですが,サーバをするか,有料のサービスしかなかったので,「これはできるのでは?」と思ってチャレンジです。ゴールはiPadからのアクセスです。

https://twitter.com/github/status/1590403103014420481

GitHub Codespacesでの設定

まずはGitHubのアカウントが必要です。サインインして,Codespacesで利用したいリポジトリのところで,CodeのところからCodespacesを選び作成します。アナウンスがあってすぐ始めようとしたのですが,そのときは「今準備しているから,ちょっと待って。」みたいな表示でした。1日くらいしたら,activeになりました。

ちょっと時間はかかりますが,VScodeが立ち上がります。下記の動画を参考にしました。

https://youtu.be/h7QLx2isrw4

左下の歯車マークからコマンドパレットを選び,dev container と入力し,その後,Julia (Community)を選び,その後Rebootしました。

.ipynbのファイルだったので機能拡張は適当に勧められるので,いくつか入れています。

その後,juliaはv1.8.0がインストールされ,iPadでsafariのブラウザからも利用できました!

終わりに

利用時間に制限はあるのですが,iPadからもGitHub+VScode+Jupyter+juliaが実現できたと思います。うれしい!(下はiPadのスクショです)

Discussion

ログインするとコメントできます