M1 MacBookを買ったので設定しながらのメモ(4)

1 min read読了の目安(約1200字

\LaTeXのemathパッケージ

次はLaTeXのemathパッケージを入れます。下記のサイトから丸ごとパックをダウンロード

http://emath.la.coocan.jp

emathf051107cというフォルダの中にsty.zipがあるので全て解凍する。(ダブルクリックでOK)
styというフォルダができるのでそのフォルダをemathという名前に変えて

/usr/local/texlive/2020/texmf-dist/tex/latexの下に移動。

そして,ターミナルからmktexlsrを行う。さて,動くかな。

あれ,動かない。(1日経過)

texstyところひとつずつ確認。

bounddviは通る
ulemは通る
emathP通らない。。。。。
ということはmktexlsrがちゃんとできていないのかな?

mktexlsr: /usr/local/texlive/2020/texmf-config: directory not writable. Skipping...
mktexlsr: /usr/local/texlive/2020/texmf-dist: directory not writable. Skipping...
mktexlsr: /usr/local/texlive/2020/texmf-var: directory not writable. Skipping...
mktexlsr: /usr/local/texlive/texmf-local: directory not writable. Skipping...
mktexlsr: Done.

案の定,やってないじゃん。ということで管理者権限sudo mktexlsrでやると,

mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2020/texmf-config/ls-R... 
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2020/texmf-dist/ls-R... 
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/2020/texmf-var/ls-R... 
mktexlsr: Updating /usr/local/texlive/texmf-local/ls-R... 
mktexlsr: Done.

今度は大丈夫かな。再度texを回す。

eclarith.styが通らない

今度はemathで必要なstyを持ってこなくてはいけないのね。やっぱり大変。