📲

Apple SiliconのMacにCocoaPodsを導入してみる

1 min read

M1Macに買い替えて、久しぶりにSwift開発を行なっていたところ、CocoaPodsの導入に詰まりました。
今回は私が行った対処法と合わせて、Cocoapodsのインストール方法をご紹介します。

前提条件

  • Apple Silicon搭載のMac(M1で動作確認済)
  • Rosettaは使用しない。
  • Macにデフォルトでインストールされているrubyを使用。(rbenv不要)
  • CocoaPodsを使用する予定のプロジェクトをXcodeにて作成済み。

インストール手順

CocoaPodsをインストール

ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo arch -x86_64 gem install cocoapods

ポイント:arch -x86_64の記述を忘れずに!

次に、以下のコマンドを実行します。

pod setup

Setup completedと表示されていれば成功です。

Podfileを作成

ライブラリを導入したいXcodeプロジェクトのフォルダを、ターミナルで開きます。
(ターミナルの使い方がイマイチという方は、以下の記事を参考にしてみてください。)

https://www.webdesignleaves.com/pr/plugins/mac_terminal_basics_01.html#h3_index_13

プロジェクトファイルまで移動したら、以下のコマンドを実行します。

pod init

プロジェクトファイル内にPodfileが生成されます。

使用するライブラリを導入

Podfileを開き、編集します。(Vimを推奨)

今回私は、Firebaseを使いたいので以下のように記述しました。

  1 # Uncomment the next line to define a global platform for your project
  2 # platform :ios, '9.0'
  3 platform :ios, ‘10.0’
  4 
  5 target 'CloudShift' do
  6   # Comment the next line if you don't want to use dynamic frameworks
  7   use_frameworks!
  8   pod 'Firebase/Analytics'
  9   pod 'Firebase/Auth'
 10   pod 'Firebase/Firestore'
 11 
 12   # Pods for CloudShift
 13 
 14 end

Podfileの編集を終えたら、以下のコマンドを実行します。

arch -x86_64 pod install

ポイント:arch -x86_64の記述を忘れずに!

場合によっては少し時間がかかります。

さいごに

インストールコマンドを実行する際にarch -x86_64を付けるということを覚えておいていただければ、問題なく導入できるかと思います。(2021/11/10現在)

今後のアップデートでネイティブ対応されるかと思いますので、しばらくはこの方法で、Intelモジュールを使用してインストールしましょう。

Discussion

ログインするとコメントできます