My 2023 Predictions for Chief Data Officers のまとめ

2023/02/03に公開

My 2023 Predictions for Chief Data Officersの簡単なまとめを書いていきます。

序章

モダンテクノロジーがデータの中央化、アクセス、分析、共有、収益化を容易にするための設計をもたらします。これによりデータが企業の革変を主導する最も強力なリソースになりつつあります。そのためCDOは人生をかけて、先頭に立ち事業を推進していく必要があります。

ただ、これから紹介するトレンドを踏まえるとCDOは後部座席に座るだけでよくなるかも。

The role of the CDO will be better understood

CDOというポジションがより認知されていきます。ただ、CDOはデータを使用して新しくできることを同僚に示していく必要があります。

The death of the data silo will pick up pace

データサイロの終焉がより早いペースで来るようです。多くのアプリケーションやソリューションのデータを一元管理する(Single store of data)。多くのインサイトにアクセスすることで、効率的な運用、素晴らしい顧客体験、そして新たなビジネスチャンスがもたらすことができます。

Monetizing data will rise from the cellar

最新のデータ共有及びシェアリング技術はデータの収益化を促します。これにより組織は新しい収益源を生み出すことができます。

The infrastructure for data science will be platform-based

これまでばらばらであった、データストレージとソリューションが単一プラットフォーム上で形成されていくと思われます。これによりデータをリポジトリから移動させ、モデルを構築・訓練するためにこれらの別々のツールに入れ、さらにデータを再度移動させることを回避できるようになります。単一プラットフォームのアプローチにより、(環境の)分離、RBAC、カタログ化、データ品質、監視を達成するための組み込みのガバナンス機能も実現されます

Business intelligence (BI) folks will graduate to become data scientists

BI専門家はプログラミング言語を使用してシンプルなデータの可視化を行うダッシュボードからデータのアプリケーションを構築するように移行する必要があります。ビジネスユーザーはあたえられた結果(ダッシュボード)を眺めるだけにはとどまりません。これからは何が起こったの把握のみならず、なぜ起こったか、どうすれば防ぐことができるかを理解する必要があります。データサイエンスとMLを可能にするアプリケーションを備えた柔軟なツールを持つ単一プラットフォームはBI専門家を卒業し、データエサイエンティストになることを助けます。

Data science will start to permeate every department in an organization

ビジネス・インテリジェンス・データは過去を見るだけではもうだめです。最も先進的な組織は、データサイエンス、ML、および膨大な量のデータを効率的に高速処理を行う能力によって予測・処方的分析で未来を見据えています。今後はどの組織もデータサイエンスチームを配備し、自分たちの未来を決定しようとします。

Easily developing data-driven apps will change the face of SaaS

多くの SaaS ソリューションは、LOB(ラインオブビジネス) 機能の自動化を支援し、その多くは十分な分析機能を提供しています。しかし、これらのソリューションには、ビジネスの発展に役立つ特徴や機能が欠けており、ギャップが存在します。市販のSaaSは汎用的に設計されているため、特定のニーズをサポートするのに不十分な場合が多く、より込み入ったカスタマイズが必要になります。あるいは、LOBが必要とするソリューションが単に存在しないだけかもしれません。今日のクラウドデータプラットフォームと強力かつシンプルな開発環境は、企業は特定のニーズを満たす独自のソリューションを容易に作成することができます。つまり、これらのアプリケーションを商品化し、収益化することもできるのです。

The consumption-based business model will begin to emerge as the new norm

『買ったものは使う、だから必要なものだけを買え』。組織は、SaaSの利用状況や将来の支出を予測するための使いやすいツールを使用できるようになります。もはや、LOBがSaaSサブスクリプションを十分に活用せず、過剰に支払うことはないです。

参考記事

Discussion

ログインするとコメントできます