🤟

Webサイトを「100デバイス」以上でチェックできるスクリーンキャプチャー・ツール作った

2023/01/14に公開約3,000字

普段、大学やプログラミングスクール等で教えてたりするのですが、
「 1週間で何か作るっていう課題 」
を学生にも出してたりします。私もやってみる!というスタンスで作ってみました。
創ることの大切さを改めて認識しました。以下スクリーンショットです。URLも掲載しております。

サイト名は「 Web shot!! 」
上記でURLと機種を選択してポチ、っと少し待つと以下のように表示されます。
いくつか実行した例をお見せします👇

例)「デジタルハリウッド・オンライン」のサイトをスクショしてみました
【表示】PCブラウザ ZOOM:100%

例)Laravel.com をスクショしてみました
【表示】PCブラウザ ZOOM:100%

とこんなに簡単に・・・!!

開発期間は1週間

HTML/CSS/JavaScript/NodeJS/PHP...ライブラリの調査、環境構築、デプロイ
Faviconや細かい部分も、あと先ほどGoogle検索にひっかかるように設定。
Lighthouseを使ってSEO/パフォーマンスなどサイトの点数を調整。
5日目にしてお披露目・現在Qiitaを書いています。

【 何の問題解決したいのか? 】

Webサイトの画面チェック(このデバイスだと?)が面倒だったから。
他にツールあったんじゃない?コマンド打って、短いスクリプト書いて「ごにゅごにょ」してっ、Chromの機能で1ページずつみてって、、、
Webデザイナーはそんなことしたくないんだよ!!…多分(#^^#)

『 いや、そんなことに誰も時間は使いたくない!! 』

ですよね。
もっとクリエイティブに時間をかけたいんだよね。
その為に、少しでも楽になるかもしれない、だから作った。

【公開URL 】

Web shot!! https://webshot.azurewebsites.net/

【 開発で工夫・苦労したこと 】

  • UXの部分で3クリック以上はできないように変更
    ※当初はバリデーションを後でかける方にしてたが、エラーがでたあとにチェックボックスをまた外してもらうのはNGだと思った(もちろんサーバーサイド側でも制御している(*^^)v )。
    デバイス数十個を一気に画像にすると、クラウド料金が心配なので、3つにしたのは察してくださいませ1回で6個選択できるようにしました!!!

  • チェックボックスが多いので、Resetボタンで全て解除させる
    URLも一緒に消せた方が良いと判断したのでURLも削除しているが、これも今後の検証で、消さない方向もあるかも。
    URLは削除しないほうが良いと判断して修正!

  • 画面をシンプルに
    ※できるだけシンプルにし、選択の間違いが起きない、迷わないように制作

  • 間違ったURLのリターン
    ※間違ったURL(Webページの無い)の場合、PHP側でチェックを走らせてからアクションするよう変更

  • Base64でHTMLに埋め込みの予定だったが辞めた
    そもそも、なぜbase64でHTMLに埋め込んでダウンロードさせようかと思ったかですが、
    Storageにファイルが溜まるのが嫌だったから。結構な画像の数になるのでStorageに溜めずに
    埋め込んで終了を目指した。が、、、画像が膨れた(133%増加するらしい)。あ~~これはダメだ。
    PHP側でファイルの削除をブラウザ側がHTML読み込み後に削除する方法を取った。
    ※現在は上手く削除されている。これがいいかはこれも、今後の分析してから。

  • ダウンロード機能
    そもそも、今この機能に時間使う必要あるか???あればカッコいいけど、右クリックで保存できるし、
    開発のスケジュール上これは後だな。

  • チープに見せたくなかった
    エンジニアだからと言って、デザインは酷すぎるってのはやめたかった。
    なんとか良い感じに仕上がった。(TailwindCSSをやっていて良かった。)

  • デプロイ
    デプロイが一番時間かかりました、クラウド・サーバー系は得意な方ではないので、めっちゃ時間かかりました。(メモリ2倍に上げました!!!それにより6デバイス選択可能にしました!)
    ここはクラウドにしてたので、あとでCPU・メモリ等も管理画面で変更できるので選択が良かった

  • 課題は今後でてくるでしょう
    随時対応ですね。ここに書いてないことで大変だったことも多くありあますが、
    既に忘れ始めている(笑)

【 環境・使用した技術 】

  • Microsoft Azure
  • NodeJS (puppeteer→Playwright)
  • PHP (データ・ファイル処理)
  • HTML / TailwindCSS / JavaScript

PuppeteerからPlaywrightへ作り直した理由

AzureのLinux環境でChromium-linuxの設定が大変だったことと、今後の運用保守考えたときに先が見えない・・・あ…見えない、って感じになったので、調べた!
なんと、「Playwright」たるものがあるらしい!
なんと、 Puppeteerは元Googleの社員が作っていて、その人がMicrosoftに入って新しく作ってるのが・・・
「Playwright」だという記事を発見。どこかで発見!
あー、これはFirefox/Safariもいけるらしい。(まだ試していない、Future update かなー)
と色々と良い感じなので全て作り直した。

想定と違うところも多少あったけど、

1週間以内でβ版公開できて良かった。Google検索にはまだデプロイ仕立てなので上がってこないです。
(β版を更新しまくってるので、たまにUpdateで変な画面になるかもしれませんが、ご容赦ください)
皆様のご感想もお待ちしております!!
前向きな要望等お待ちしております!!

そして、

Youtube 「遅咲きエンジニア・山崎大助」もよろしくお願いいたします。

https://youtu.be/zgHC2HsJ3RE

プログラミング関連の動画をやってます!

Discussion

ログインするとコメントできます