Zennを使ってみて感じたこと

公開:2020/09/17
更新:2020/10/14
1 min読了の目安(約1100字IDEAアイデア記事
Discuss6Likes16

所感

  • UI /UXが良い
  • 表示やページ遷移がとにかく速い
  • 広告が表示されない
  • 有料で販売したり、サポートを受けたりできて良さそう
  • サービスから強い思想を感じる
  • 記事データをGitHubの自分のリポジトリで管理できる
  • しっかりユーザーがつきそうな雰囲気がある
  • Zenn独自の記法めっちゃ良いけど、オンラインエディター以外でこれを書くのは辛そう
    • しかも独自記法使うとZennに依存することになるのでGitHubで管理する意味が薄くなる
    • オンラインエディターで独自記法を使う or 独自記法は使わずGitHubで管理するの2択になりそう

Qiitaと比べてイマイチなところ

  • コードブロックにファイル名を表示したい
    • 機能追加されて解決!
  • 記事内の見出しをクリックしたら、アンカーリンクつきのURLを表示できると良い
  • Qiitaは投稿画面のURLがhttps://qiita.com/drafts/newなので、このURLをブックマークバーに登録しておくと1clickで投稿画面に移動できる。Zennは投稿画面ですでに記事固有のパラメーターが付与されているので、投稿画面をブックマークに登録できない

Qiitaから移行するか?

しばらくは様子見で、たまに気が向いたらZennに投稿するくらいの感じになりそうです。以下の機能が実装されたら完全移行すると思います。

  • Qiitaの記事を全てZennにエクスポートする機能
  • Zennの記事をユーザー名 + 本文で検索できる機能(ユーザー名はcookieで記憶して、いちいち入力しなくて良いようにする)
    • Qiigleみたいなイメージ

移行する場合の課題

  • 移行するからにはこれを機に記事をGitHubで管理したい
  • 今はブラウザ上でワンクリックで執筆を始められる状態なので、この手軽さをどうやって実現するか
    • エディターで新規ウィンドウを開く → 記事のディレクトリに移動する → 記事執筆開始のコマンドを叩くを毎回やるのはちょっとしんどそう。automatorとかalfredとかでいい感じに自動化できると良いのだが、、