👌

業務経歴書、スキルシートを作成するサービスを作りました

2022/07/11に公開

はじめに

派遣型ITエンジニア、業務委託型ITエンジニアの方などは業務経歴書やスキルシートを顧客、もしくはビジネスパートナーに提出する機会が多いような気がします。
かくいう私もその一人で、業務経歴書を書く、管理するのに大変な苦労を強いられてきました。
業務経歴書は基本会社から提供されたテンプレートに書くのですが、こんなことで苦悶しておりました。

サービスの紹介

KEIREKI というサービスをつくりました。

https://keireki-it-engineer.com/
URLはこちらに変更になりました。 https://keirekisyo.com/introduction

Google認証、または、メール認証ですぐに登録できるので、登録して使っていただければ嬉しい限りです。
さらに、不具合の報告、改善案などいただければどしどし問い合わせフォームからお待ちしております。

利用した主な技術

サーバーサイド

  • Rails
    • APIモード
    • GraphQL
    • Device
    • OmniAuth
    • rubocop
    • rspec

フロントエンド

  • TypeScript
  • React
  • Next.js
  • React MUI
  • Jest
  • eslint

AWS

  • ECR
  • ECS
  • Fargate
  • RDS

ツール

  • GitHub Actions
  • Docker

簡単なDeploy Flow

  1. GitHub の 対象ブランチ(stagingproduction)に push
  2. CI/CD通過でデプロイ
    • frontフォルダ配下に変更があったら、Ampllifyにデプロイ
    • apiフォルダ配下に変更があったらDockerImageECRにデプロイし コンテナを更新

サービスを作って良かった点

使っていただいているユーザー様が KEIREKI を使って面談をしたら「経歴書、すごくわかりやすかったです。」と言っていただいたようで、単純に嬉しかった!
あと、EC2回りしか触ったことのないAWSの技術について少し詳しくなれた。

しくじったところ

  • アプリ名を変えたい
  • 認証周りに RailsDevise を使ったこと
  • コスト削減でStaging環境だけリージョンをオレゴン州にしようと思っていたけど、設定の移行がめんどくさくなって、本番環境までオレゴン州のままになってしまった。 最初から東京リージョンにしとくんだった。

苦労した点

  • ワイルドカード証明書が複数階層に対応していないことを知らなくて色々ハマった。
  • Next.jsmiddlewareAWSAmplifyでは動かない
  • Google認証のNode.jsライブラリが動かない
  • Next.jsSSRCSRの使い分け
  • RailsCookieStoreNginxproxy_buffer_size をオーバーすることが原因のエラー
  • AWSまわり色々

参考にさせていただいた記事

https://zenn.dev/hibriiiiidge/books/49ee4063b10cec1df1a2

とてもわかりやすかったです。
hibriiiiidge さんありがとうございました。

最後に

お読みいただきありがとうございました。
このサービスをつくっていく中で習得した技術、つまずいた点について別記事で詳細に書いていこうと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます