エンジニアの副業。

1 min読了の目安(約500字IDEAアイデア記事

永らく会社でエンジニアをやっていると不安になる。

原因は、会社で使っている技術しか使えないようになること。

その技術の賞味期限は?
って疑問がわく。

最近、副業するエンジニアが増えたのは、その不安を取り去るため、別の技術スタックの会社で、本職とは違う技術に触れるため。

僕も1会社でのエンジニア仕事には不安を感じる。

副業で、他の会社で仕事をしたい。

これ、最近のエンジニアあるあるだと思う。

副業を許さない会社もあるけど、副業したからってエンジニアの会社へのコミットは変わらない。

エンジニアの技術の幅を広げられ、むしろ会社にとってプラスになる。

僕も技術の変化を10年ごとに感じている。

今の技術は、10年と持たないのだ。
実際10年前にやっていたことは、リセットされてる

エンジニアは常に先を見越して技術を学んでいくしかない。

それを補うための副業。

これエンジニアだけじゃなくて、いろんな職種にも言えることだと思う。

手始めは、サイバーエージェントのように、グループ会社内で副業すること。

普通、副業は会社のパソコンを使えないんだけど、サイバーエージェントは、自席で、会社のパソコンで副業できるってのがいい。

https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=23856