🖥️

Windows10でSymfony3を動かす

2 min read

なぜSymfony3?

  • EC-CUBE4.0系がSymfony3で構築されているので、今さらながらSymfony3を学習したいです。

動作検証環境

Symphonyのインストール

  1. 公式サイト( https://symfony.com/ )のDOWNLOADページからWindows向けのSymphonyをダウンロードします。

  2. ダウンロードしたSetup.exe を実行します。


ここはちょこっと時間かかりますのでコーヒーを入れてきましょう


デスクトップにもスタートメニューにも何も入りませんが、Finishです。

Symfonyの動作チェック

環境が要件を満たしているかどうか、チェックツールが用意されています。
コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。

symfony check:requirements

問題がなければ [OK] が表示されます。

プロジェクトを作成する

コマンドプロンプトを開き、プロジェクトを作成したい場所に移動します。
今回は、C:ドライブの中の「workspace」ディレクトリに作成します。

C:
cd workdpace

バージョンを指定して、プロジェクトを作成します。
プロジェクト名は「test_project」としました。
--full は、フルパッケージでインストールするオプションです。とりあえずフルで入れてみますが、サイズが大きいのでオプションを外してもいいかもしれません。

symfony new --version=3.4 test_project --full

作成が完了すると [OK] 表示が出ます。

ローカルWebサーバの起動

引き続き、ローカルWebサーバを起動して作成したプロジェクトを確認してみます。
コマンドプロンプトで作成したプロジェクトに移動し、symfony server:start します。

cd test_project
symfony server:start


立ち上がるとOK表示がでるので、表示に従って http://127.0.0.1:8000 にアクセスしてみます。
Welcomeページが表示されていたらまずは一安心です。

サーバを止めたい場合は、起動したコマンドプロンプト上で Ctrl + C をすると止まります。

👋


[参考]

Discussion

ログインするとコメントできます