僕はやっぱりVueが好き

1 min read読了の目安(約900字

簡単に入れて初心者にも優しい

VueはTutorialをちゃんと進めれば動くようになっていて、3大JSフレームワークって言われるだけあるなという感じ。
プロジェクトが大きくなってくるとあのファイルはどこだ問題が発生するのだけれど基本的に1ファイルだからReactやAngularに比べて見つかりやすい。
あとtemplateで構造がわかり、scriptで動作がわかり、styleで見た目がわかる。あの順番が好き。

プラグインやライブラリが自由

これはいい意味で自由に作れて楽しい!
悪い意味では自由だから対応してないプラグインもライブラリもたくさん

どうなるかというと、みんなが便利だいいぞ!と言っているライブラリがそのまま使えないことがあるということ。泣きたい。

記事が多い

ユーザー数が多いのだから当たり前だけどエラー対応記事やIssue、やってみたなど、導入にありがたい記事を公開してくれている人が数多くいる。ありがたい。
その反面、自由に書けるものなので、そのまま使える、簡単に自分のプロジェクトに導入できるものは、なんというか少ない...気がする。
あとVueで検索するのにReactが出てきたりする。Reactで検索するとVueが出てくることはあっても少ない。

大手が最初に手をつけない

最大の問題な気がする。
使ってみようと思ったライブラリやプラグインで最初に作られるのがReact。で次くらいにVueだと思う。後から見てるだけなので、違うものもたくさんあるだろうけど。これ、Reactで作っとけば良かったなって思うことが多い。
でもVueは後から有志がReactから移植してくれたりするイメージが強くて、これが結構使えるし、Vueは作った人が見えて好き。

Vite早いですね

待ち時間何それ、もうレジ袋に入れました。お会計済みました。みたいなコンビニとかファストフードぐらいのスピードでサーブとかビルドしてくるやつ。1、2秒で終わるから一旦サーブ止めとことか気軽にできるし、ブラウザを自動更新してくれる。大好き。