💭

Reactでcreate-react-appを使わず、npm startを使いたい

2022/06/05に公開約2,600字

Reactのcreate-react-appは便利

Node.jsを導入している状態で、npxコマンドを使用すれば、以下のコマンドで

npx create-react-app myapp

React環境が簡単に構築できます。そうするとmyappのフォルダーがカレントディレクトリに作成され、以下のようなフォルダー構成になります。

.myapp/
 ├── node_modules/
 ├── public
 │   ├── index.html
 │   :
 │   └── robots.txt
 ├── src
 │   ├── index.js
 │   ├── index.css
 │   :
 │   ├── App.js
 │   └── App.css
 ├── .gitignore
 ├── package.json
 ├── package-lock.json
 └── README.md

ここの中でsrc/フォルダの中身をいじって開発していくことになります。ほかのフォルダの解説をすこし行うと

public/は公開フォルダになります。
node_modulesには実際にインストールしたモジュールが入っています。
package.jsonにはname, version, descriptionなどのデータは単なるパッケージのメタデータになり。インストールすべきパッケージの情報が書かれています。
package-lock.jsonに実際にインストールしたモジュールのバージョン等の情報が書かれています。


create-react-appを使わないでやってみた。

Reactの導入する

基本的にReactで必要なパッケージは以下の二つです。

  • react
  • react-dom
npm install react react-dom

これらを以上のようにインストールする必要があります。そうするとフォルダの構成は

.myapp/
 ├── node_modules/
 ├── package.json
 └── package-lock.json

以下のようになります。この時点でReactは動かすことが可能になります。HTMLファイル及びjsファイルを作成することで開発が可能です。


npm startを導入する

ここにreact-scriptsをインストールすることでnpm startが使用になります。

npm install react-scripts

npm startが使用できるように以下のようなフォルダ構成を作成します。

.myapp/
 ├── node_modules/
+├── public
+│   ├── index.html
+├── src
+│   ├── index.js
+│   ├── App.js
+│   └── App.css
 ├── package.json
 └── package-lock.json

続いて以下のファイルに以下のコードを書き込んできます。

public/index.html
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
</head>
<body>
    <div id="root"></div>
</body>
</html>
src/index.js
import React from 'react'
import ReactDOM from 'react-dom'

import App from './App'

ReactDOM.render(
    <App />,
    document.getElementById('root')
)
src/App.js
import React from 'react'

const App = () => {
    return (
        <h1>Hello World!</h1>
    )
}

export default App
package.json
{
  "dependencies": {
    "react": "^17.0.2",
    "react-dom": "^17.0.2",
    "react-scripts": "^5.0.1"
  },
+ "scripts": {
+   "start": "react-scripts start",
+   "build": "react-scripts build",
+   "test": "react-scripts test",
+   "eject": "react-scripts eject"
  },
  :
  :
}

こうすることでnpm startが使用可能になります。実行するとHello world!が表示されると思います。

まとめ

わざわざこうする必要もなくcreate-react-appをすることをお勧めします。ただ、一から設定するので、構成の理解や、いらないパッケージ等も入れなくて済むという点があります。
余談ですが、軽いものを作りたいならCodePenがお勧めです。Reactも簡単に導入できるので、node.js入れずにReactしたい人にお勧めです。

https://codepen.io/
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます