🕌

新機能「みんなでドラフト!」をリリースしました

1 min read

サービスURL

「ドラフトなう!」とは

以前Crieitで紹介記事を書いたのですが、公式の12球団以外でもドラフト画面を作れるサービスです。

ドラフト風画像作成サービス「ドラフトなう!」を作りました

作った当初はReactJSだったのですが現在はNextJSに置き換えています。

新機能「みんなでドラフト!」

基本機能

  • 候補選手の作成
  • 候補選手の選択
    • アニメーション
    • 読み上げ
  • 観客/監督モード
  • 複数端末での画面同期

ができます。

複数人で遊ぶときは一斉に触るとデータの上書きが発生するので、
進行役を決めて順々に触るといいです。

技術的なこと

ボウリング幹事アプリを作りました(※サービスクローズ)

フロントエンド

以前、MQTTの応用で画面同期アプリを作ったので原理としてはそれの応用です。端末のローカルストレージの内容をNextJSアプリに読み込んで、それをMQTTで共有しています。

端末にしかデータを保存しないので、リアルタイムで同じURLにアクセスしていないと、データが流れてきません。

バックエンド

DBサーバがない代わりにMQTTサーバを用意しています。
読み上げ用のアプリをvercelにデプロイしています。

最後に

色々な野球関係のツールを個人開発しているので、
よろしければ「ドラフトなう!」と併せてご覧ください。

Discussion

ログインするとコメントできます