🐙

4000ページをVercelでSSGする

2 min read

「Annictさじぇすと!」というサービスを作っています。

https://annict-suggest.vercel.app/

お気づきの方もいるかと思いますが、Annict

https://annict.jp/
というWEBサービスが提供しているデベロッパーAPIを利用した、アニメレコメンドサービスです。

「さじぇすと」はあまり保守してません(笑)

Annictから作品データと視聴ステータスをもらって、
「この作品を見ている他の人はこんな作品も見ています」というレコメンドができます。
作品ページでは毎回Annict GraphQL API側に

  • 作品データ
  • こちら側で集計したレコメンド用の30作品の作品データ

を要求していますが、CSSアニメーションでごまかせないほど時間がかかります。

SSG(Static Site Genarator)

1クール(3か月)の間は更新しないので「じゃあSSG(Static Site Genarator)でいいんじゃないか」と思ってまずSSGに取り掛かります。

https://nextjs.org/docs/basic-features/pages#static-generation-with-data

トップページは現在のシーズンのみを表示するのでSSGにします。
getStaticPropsでAPIから取得したデータをページに渡します。

const Index=({data}:any)=>{
    return(
        <>
            <Season data={data}/>
        </>
    )
}
export default Index;


export const getStaticProps = async() => {
    const data = await fetchSeasonWorks(CURRENT_SEASON);
      return{
        props:{
          data
        }
      }
  }

全作品の一覧を取得してそこからSSGするようにします。
...ほとんど更新しないのでISRにする意味はないかもしれません。

export const getStaticProps = async({params}:any) => {
  const data = await fetchByWorkId(params.id);
    return{
      props:{
        data
      },
      revalidate:3600
    }
}

export async function getStaticPaths() {
  const data = await fetch(BACKEND + '/api/allworks');
  const works = await data.json();
  const paths = works.map((work:any) => ({
    params: { id: work.annict_id.toString() },
  }))

  return { paths, fallback: true }
}

netlify -> vercelに引っ越し

netlifyはビルド時間が加算され、無料プランで使えるビルド時間が決まっています。
こんなにビルド時間がかかるものを置けませんし、NextJSとの親和性ではVercelが圧倒的に上なので引っ越しました。

4000ページのビルド時間を短縮するためにしたこと

1ページのAPI問い合わせを短縮

都度AnnictAPIに問い合わせるのを止めてDBに蓄積して高速にレスポンスするように変更しました。

いざビルド!

手元でビルドすると4000ページがだいたい280秒(5分かからないぐらい)で終わります。

Vercelでだいたい3分で1000ページ分のSSGができるようになったので
ビルド全体は約12分(Vercelのビルド時間の上限は45分)でできるようになりました。

今回学べたこと

NextJSのSSG/ISRへの苦手意識がだいぶ薄れた。

キャップ野球情報局

https://cap-baseball.com
へも応用するとだいぶUXが改善されるかなーと。(現状そんなに重い処理はない)

Discussion

ログインするとコメントできます