💨

Gowin EDAのインストール

2022/06/25に公開約2,200字

Gowin EDAのインストール

中国のFPGAベンダーGowinのFPGA開発環境である Gowin EDA のダウンロードとインストール手順を説明します。

本手順は2022/06/25時点のものなので、今後変わる可能性はあります。

必要環境

  • Windows または Linux が動作している x86_64 CPUを搭載したPC または 仮想マシン
    • Macで動かしている方もいるようですが、おそらく仮想マシン上と思われます

手順

Gowinのアカウント作成

Gowinが公開しているドキュメントやツールをダウンロードするには、Gowinのサイトでアカウントを作成する必要があります。

https://www.gowinsemi.com/ja/member/

フォームの必須項目を入力すれば完了です。

Gowin EDAのダウンロード

Gowinのトップページにもどり、Gowin EDAのホームページへジャンプします。

Gowin EDAのホームページ

Gowin EDAのダウンロードページへのリンクがあるので、ダウンロードページへジャンプします。

Gowin EDAのダウンロードページへのリンク

ダウンロードページでは、リストの上部でWindows/Linuxのどちらのプラットフォーム用のEDAツールをダウンロードするかを選択したのち、ダウンロードしたいEditionやバージョンを選びます。

Gowin EDAのダウンロードページ

Editionとしてはライセンス申請不要で使える Education版 およびライセンス申請が必要な Standard版 が存在します。
Education版は使用できるデバイスが制限されています。Standard版にはそのような制限はありません。

ここではEducation版を使用する前提として手順を説明します。

Windows環境の方は Windows を選んだ後、 Education版 (画像の例だと Gowin V1.9.8.03 Education Edition (Windows)) を選んでダウンロードします。

Linux環境や仮想マシン環境の方は Linux を選んだ後、 Education版 (画像の例だと Gowin V1.9.8.03 Education Edition (Linux)) を選んでダウンロードします。

Windows版のインストール

ダウンロードしたzipファイルを展開します。

Gowin_V1.9.8.03_Education_win.exe のようなインストーラの実行可能ファイルがあるので実行します。

実行するとインストーラのウィザードが表示されますので、インストーラの最後のページで Please Install USB driver for Windows XP のチェックを外す以外は NextFinish を押します。

Windowsのインストーラ

以上でWindowsでのインストールは完了です。スタートメニューに

Linux版のインストール

Linux版にはインストーラは無く、ダウンロードした tar.gz アーカイブを適当な場所に展開するだけで完了です。

ここでは、V1.9.8.03 Education版を、ホームディレクトリの gowin/1.9.8.03_edu に展開する例を示します。
ダウンロードしたアーカイブは ~/Downloads/Gowin_V1.9.8.03_Education.tar.gz にあるものとします。

mkdir -p ~/gowin/1.9.8.03_edu
cd ~/gowin/1.9.8.03_edu
tar xf ~/Downloads/Gowin_V1.9.8.03_Education.tar.gz

以上でLinux版のインストールは完了です。

Gowin EDAツールの起動

Windows版の場合は、 C:\Gowin\Gowin_V1.9.8.03_Education\IDE\bin\gw_ide.exe を実行します。

Linux版の場合は、 ~/gowin/1.9.8.03_edu/IDE/bin/gw_ide を実行します。

Discussion

ログインするとコメントできます