【ゼロパディング】`001`のように数値の桁を合わせる

1 min read読了の目安(約700字

ゼロパディング(zero padding)とは

書式の桁数に満たない数値の場合に,足りない桁数だけ0を追加して桁数を合わせることです

  • (例) 日付入力欄
    月日は2桁までの数値が存在するため, 1桁の場合は桁数を合わせて
    2月を02と表現しています

String.prototype.padStart()

padStart()メソッドは, 結果の文字列が指定した長さになるように,
現在の文字列を他の文字列で (必要に応じて繰り返して) 延長します
延長は現在の文字列の先頭から適用されます

const num = 1;
const padNum = String(num).padStart(3, '0');

//- '001'
console.log(padNum);

String.prototype.slice()

足りない桁数を先に文字列追加しておいて,
希望の桁数分文字列の終わりから取得します

const num = 1;
const padNum = ('000' + num).slice(-3);

//- '001'
console.log(padNum);

サンプルコード

http://runstant.com/cigar/projects/zero-padding

以上です

意外と登場シーンが多いので, 初学者の方など参考にしてくだされば幸いです