📝

Dockerの Next.js 開発環境が遅いときにすること

2022/09/20に公開

こんにちは。地図パズル製作所の都島です。これまで、地図パズル製作所のウェブサイトを含め、いくつか Docker + Remote Container で Next.js 開発環境を構築してきました。それで知った、開発環境を早く動かす方法をまとめたいと思います!

node_modules をホストとコンテナで同期しないようにする

Docker で開発する場合は、ホストとコンテナでライブラリ群のフォルダを同期させないことで、ビルドスピードなどを上げることができるようです。Node.js でしたら、node_modules フォルダ、PHP でしたら vendor フォルダ、という感じです。こちらの記事を参考にしました。

https://zenn.dev/tamanugi/articles/6f372d45b85c18

ポーリング間隔を長くする

Next.js を Docker で開発するには、ポーリングの設定をする必要があるようです。でも、一般的な設定では、npm run dev が全然動かなくなってしまいます。それで、next.config.js のポーリング間隔を長くすると、開発環境が早くなりました。こちらの記事を参考にしました。

https://sankame.github.io/blog/2022-05-21-nextjs_so_slow/

まとめ

今日は Docker の Next.js 開発環境が遅いときにすることを簡単にまとめました。地図パズル製作所のウェブサイトも Next.js でできていますので、良かったら一度眺めてみてください。結構楽しいので、はまっちゃうかもしれませんよ!

https://chizu-puzzle.com

Discussion

ログインするとコメントできます