Privated Hosted Zoneを他のアカウントと関連付ける方法

公開:2020/11/07
更新:2020/11/07
2 min読了の目安(約2500字TECH技術記事

Private Hosted Zone(PHZ)とは

PHZはDNSのレコードを格納するコンテナです。PrivateとPublicがありますが、Privateだと名前解決をVPC内のみで行うことができます。作成時にドメインを指定しますが、VPC内でそのドメインとサブドメインのDNSクエリに対応することができます。

アカウントAのPrivate Hosted Zoneに登録されたレコードをアカウントBから参照したい

まず、PHZはドメインとVPCを1:1で関連付けます。VPC内で完結するため、アカウントAのVPCからアカウントBのVPCの名前解決をすることはデフォルトではできません。方法として、PHZに別アカウントのVPCを関連付けるという操作を行います。これは、CLIから対応する必要があります。

今回の検証環境について

2つのアカウントを用意して、VPCAとVPCBを作成します。ちょっとわかりにくくなりましたが、黒点線での囲いはアカウント単位です(つまり、2つのアカウントが存在して、その中に環境を構築していることを表しています)

各VPCに紐づくPHZAとPHZBを作成し、各VPCに配置されたEC2インスタンスから別アカウントのEC2に対して、互いに名前解決ができるかを確認していきます。

検証を構築する

PHZを作成してレコード登録

アカウントAとBの両方でEC2とPHZを構築し、PHZにEC2のレコードを登録します。

アカウントAのレコードと現時点での名前解決の状況

EC2インスタンのIPとFQDNです。

同じVPC内の名前解決はできますが、別アカウントのVPCの名前解決はできません。

アカウントBのレコードと現時点での名前解決の状況

ここの説明は上記と同じため割愛します。

PHZと別アカウントのVPCの関連付け

まずは、アカウントAのPHZにアカウントBのVPCを関連付けます。

最初はこんな感じです。このVPCはアカウントAのVPCです。

  1. アカウントAで、実行IAMユーザの作成します。ユーザにRoute53FullAccessを付与します。
  2. 1.で作成したユーザで下記コマンドを実行する。つまり、アカウントA側で実行します。
aws route53 create-vpc-association-authorization --hosted-zone-id <AのPHZID> --vpc VPCRegion=ap-northeast-1,VPCId=<BのVPCID>
  1. アカウントBで、実行IAMユーザの作成し、ユーザにRoute53FullAccessVPCFullAccessを付与します。

  2. 3.で作成したアカウントで下記コマンドを実行します。つまり、ここではアカウントB側で実行します。

aws route53 associate-vpc-with-hosted-zone --hosted-zone-id <AのPHZID> --vpc VPCRegion=ap-northeast-1,VPCId=<BのVPCID>

そうすると、こうなります。アカウントAのPHZにアカウントBのVPCを関連付けることができました。

次は、BのPHZにAのVPCを関連付けます。手順は同じです。

アカウントBで実行

aws route53 create-vpc-association-authorization --hosted-zone-id <BのPHZID> --vpc VPCRegion=ap-northeast-1,VPCId=<AのVPCID>

アカウントAで実行

aws route53 associate-vpc-with-hosted-zone --hosted-zone-id <BのPHZID> --vpc VPCRegion=ap-northeast-1,VPCId=<AのVPCID>

検証の結果をみてみる

検証結果を見てみます。先程はできなかった別アカウントの名前解決ができています。

A->B

B->A