Android Jetpack Composeをインストールする (2020年9月版)

2 min read読了の目安(約1200字

Android Jetpack Composeはいまも開発が進んでいます。現在のところ安定版は存在しないので、インストール方法もバージョンによって異なっています。

公式のドキュメントでも追従しきれていないようで、日本語の導入ドキュメント では 0.1.0-dev13 が説明に使われており、英語の導入ドキュメント でも 1.0.0-alpha01 が説明で使われています。Qiitaのとある記事で紹介されているバージョンは 0.1.0-dev6 で、かなり古いようです。

どの導入ドキュメントを読んでもビルドエラーが発生してしまい、なかなかJetpack Composeを導入できずにいました。Composeのバージョン情報(英語版)に書かれている方法が唯一ビルドエラーを出さずに導入することができたので紹介させていただきます。

Compose | Android Developers」がとても参考になりました。

1.0.0-alpha02 時点ではアプリレベルの build.gradle に下記の通り追記することで、Android Jetpack Composeを導入することができました。

android {
    buildFeatures {
        compose true
    }

    composeOptions {
        kotlinCompilerVersion "1.4.0"
        kotlinCompilerExtensionVersion "1.0.0-alpha02"
    }
}

tasks.withType(org.jetbrains.kotlin.gradle.tasks.KotlinCompile).configureEach {
    kotlinOptions {
        jvmTarget = "1.8"
        freeCompilerArgs += ["-Xallow-jvm-ir-dependencies", "-Xskip-prerelease-check"]
    }
}

これでようやくスタート地点に立てたので、Jetpack Composeを使ったUIの実装に挑戦していきたいです。