🚗

BLDCモータドライバ ZS-X11 の概要

3 min read

BLDC (ブラシレスDC) モータを制御できるドライバ、ZS-X11のメモ。安価なパーソナルモビリティを自作する時に便利。

概要

多分回路が出回っているのだろう。色んなメーカーが製造・販売している。モデルA~Hまで存在しているらしく、レジスト色も黄・赤が存在する(D以降は赤?)。

モデルの正確な違いは分からない為、私の購入実績ベースで記載する。尚、同じモデルであってもメーカーによって仕様が異なったりする為、要注意。

共通諸元

項目 内容
寸法 63 x 45 x 30mm
重量 93g
価格 1,000-2,500円
機能 正逆転切替、速度制御、過電流保護 など

ZS-X11A

項目 内容
動作電圧 DC5-36V
最大電流 16A
最大出力 360W
制御方法 アナログ電圧入力

ZS-X11B

項目 内容
動作電圧 DC5-36V
最大電流 16A
最大出力 360W
制御方法 PWM信号入力

ZS-X11D

項目 内容
動作電圧 DC6-50V
最大電流 20A
最大出力 380W
制御方法 アナログ電圧入力、PWM信号入力

ZS-X11H

項目 内容
動作電圧 DC6-60V
最大電流 20A
最大出力 450W
制御方法 アナログ電圧入力、PWM信号入力

注意点

コネクタの実装有無

モデルに依存せず、ホールセンサコネクタの有り無しが存在する。コネクタが無い場合、制御も実装されていない為、基板の該当箇所に直ではんだ付けしてもホールセンサレスでしか動かない。これはPWMやアナログ電圧入力に関しても同様で、コネクタ化されていないと入力を受け付けない。

コネクタの種類

電源コネクタはVH、制御コネクタはPHが多いが、Phoenix Contactのケースも存在する。

実装品質

はんだ品質は悪い。イモはんだやツノは諦めて許容するしかない。アートワーク設計もワイルドで、高電流箇所はスズメッキ線でパターン幅を太くしていたり、なぜこんなところにスズメッキ線が!みたいなことは多い。

故障・破損事例

私はこれまで計20個くらい購入し試したが、30%くらいの確率で故障品に遭遇した。脱調が多いものや、破損部品により電源を起動すると煙が出るもの、異常発熱するものもあった。事前に最低限の実装品質や、回路の導通確認は行うべきである。

購入方法

Amazon

国内でも購入可能だが、ホールセンサレスモデルが多いので注意。また、モデル名が記載されていない為、どれがくるかは運次第。

https://www.amazon.co.jp/dp/B08SBSW7XS

AliExpress

経験則的に、Amazonより正確にモデルを選定して購入できる。各サイトの諸元とレビューを
しっかり読むことがポイント。ただし保証はしない。

https://ja.aliexpress.com/i/1005001738213078.html

活用事例

人が乗って動くレベルのものが作れる。連続動作させる場合は、放熱設計は考慮すべきである。付属のヒートシンクがあれば特に問題はなく、もし外す際は相当のものが必要(私は放熱シートをつけてモビリティのアルミプレートへ組付けている)。

参考情報

ZS-X9

5-12V(15W)モデルも存在する。500円程度でお買い得。ドローンや卓上ロボットで活用できそう。
www.amazon.co.jp/dp/B07NYWYG37

JYQD_V6.3E2

ZS-X11の類似モデル。詳細は知らない。

https://ja.aliexpress.com/item/32862529465.html

Discussion

ログインするとコメントできます