📻

rfriends3をDocker Composeで環境構築(公式ブログ"Dockerで「rfriendsでラジオ録音」"の補足情報)

2024/06/17に公開

はじめに

rfriendsは個人で開発されているラジオ録音サーバアプリです。
rfriends公式ブログ「dockerで「rfriendsでラジオ録音」rfriends3 版」ではDockerでの環境構築方法が説明されていますが、録音データや設定ファイル保存先のデータ永続化などの情報が不足しています。
そこで当方環境 UNRAID OS上で構築した際の手順をまとめました。

構築手順

アプリ配備パスの用意

# cd /mnt/cache/appdata
# mkdir -p ./radiko/rfriends
# cd radiko/rfriends/

※この例ではUNRAIDのプールデバイス(キャッシュ)上にあるアプリケーションデータの保存場所を指定していますが、他OSでは任意のパスを使用してください。

アプリ本体の配備

# wget http://rfriends.s1009.xrea.com/files3/docker.zip
# unzip docker.zip 
Archive:  docker.zip
  inflating: docker/docker.txt       
  inflating: docker/Dockerfile       
  inflating: docker/start.sh         

Docker Composeの設定ファイル作成

# vi docker-compose.yml
docker-compose.yml
services:
    rfriends:
        logging:
            driver: json-file
            options:
                max-size: "10m"
                max-file: "5"
        init: true
        restart: unless-stopped
        network_mode: "bridge"
        build:
              context: ./docker
              dockerfile: Dockerfile
        container_name: rfriends
        image: home/rfriends:local
        ports:
            - "8000:8000"
        volumes:
            - /etc/localtime:/etc/localtime:ro
            - ./usr:/rfriends3/usr
            - ./config:/rfriends3/config
        environment:
            TZ: Asia/Tokyo

※"docker compose"ではなく"docker-compose"を使用する場合は先頭に"version: "3.9"を定義してください。

永続化対象のディレクトリ用意、起動プロセス実行権限付与

# mkdir config usr
# chmod +x ./docker/start.sh 

Dockerコンテナ操作

# ビルド
# docker compose build
# 起動
# docker compose up -d
# 停止
# docker compose down

※"docker compose"ではなく"docker-compose"を使用する場合はコマンドを全て"docker-compose"に読み替えてください。
例)"docker compose build" → "docker-compose build"

最後に

2017年?から現在(2024年)まで該当アプリの開発を継続的に行っているrfriends開発者さんを支援したい場合はこちらの下部に説明があります。

Discussion