⌨️

KeychronキーキャップはKailh Choc V1スイッチで使えるのか?

2022/08/27に公開約5,300字

動機

mc2s lp は、自分の手に合わせてカスタマイズ可能な、カラムスタッガード キーボードです。
さらに、究極の小ささ、薄さを兼ね備えています。

上記キットが再販された。
「究極の小ささ、薄さ」を謳うだけあり、スイッチには広く入手できる中では最薄のKailh Choc V1スイッチ(以下Chocスイッチ)を採用、キーピッチもスイッチ同士がギリギリ干渉しない、16×16mmまで切り詰めてある。

しかし代償として、適合するキーキャップがごく少ない。
というか

現時点で、ロープロファイルの挟ピッチ用キーキャップは、既製品では存在しません。
DMM.make のクリエイターズマーケットに、キーキャップをご用意しています。

ビルドガイド

というわけで、まあ既製品というか量産品というか、とにかく一般的に市場に流通している製品自体が存在しない。
ビルドガイドに記載されている同作者製キーキャップを含め、DMMクリエイターズマーケットで販売されている、16mmピッチに対応するChocキーキャップとしては以下のものがある。

存在しているだけでありがたいことだが、3Dプリント製のキーキャップにはまだ問題も多い。

  • 精度が悪い
    • そもそもキーキャップというモノ自体が細かすぎて、注文時に「破損するかもよ」という確認メールが届く
    • 実際ステムにはまらなかったり抜けたりする
    • DMMクリエイターズマーケットは検品を作者ではなくDMM側が行うので、徹底度には必ずしも信頼が置けない
  • 触感が悪い
    • ザラザラ、デコボコ
    • まあこれは自分でヤスリがけ&ワックスがけすればなんとかなることではある
  • 皮脂に弱い
    • 当然材質によるが、上記アイテムの素材・種類として選択できるMJF及びナイロンはどちらもナイロン系樹脂で、吸水性も吸油性もめちゃくちゃ高いので、めちゃくちゃ汚れる
    • これもワックスで防げるっぽいが、表面のコーティングではなく「先に油脂を吸わせておく」という対策なので完璧とはいかない
    • じゃあコーティングしたらどうなるのってすごく気になるのだが、適用例は寡聞にして知らない。何を塗ったらいいのかもわからない
  • 高い
    • えぐい
    • こないだDMMクリエイターズマーケット全体が値上げしてしまったのでさらにドン

当たり前だが、大量生産の射出成形には敵わない部分も多い。そこまでして2mmとか1mmとか縮めたいかあ?と言われると、即座に頷けない人も多いはずだ。

そこで、以前から代用品として着目していたものがある。Keychronキーキャップだ。

Twitterを見ると、KeychronのキーキャップをChocのキーボードに嵌めて使用している例をいくつか見つけることができる。そして、16×16mmピッチらしい。

https://twitter.com/kutsuhimo3/status/1470936962345627649
https://twitter.com/kutsuhimo3/status/1471093017272778754?s=21&t=XcwMsCTsd27d1w1y9J2NaA
https://twitter.com/kutsuhimo3/status/1493589664460328966?s=21&t=XcwMsCTsd27d1w1y9J2NaA

よく見たら全部同じ人だなこれ。

いいじゃないか、それ欲しい。

Keychronとは

こんな記事読んでるんだからご存じの方も多かろうが、Keychronはシャレオツな感じのメカニカルキーボードを、お求めやすい価格で提供して近年人気のキーボードメーカーである。

早速、公式サイトからロープロファイルの製品を探してみる。

JISキーボードはラインナップが完全でないので、USキーボードから探す。

ふむふむ

これらか、交換用キーキャップセットでも変えば良さそうに思えたのだが、ここで話がややこしくなる。
どう見ても、画像に写っているスイッチがChoc V1と形が違うのだ。

スイッチが違う?

といっても、まあ正体はわかる。Kailhのロープロファイルスイッチには、Cherry MXとステム形状を統一して、より多くのキーキャップを使えるようにしたChoc V2があるのだが、それと互換性のある製品だろう。

Choc V2については以下を参照

そして、交換部品としてスイッチのみの販売も行っているのだが

  1. ロープロファイル Keychron 光学式スイッチセット - 87 Pcs – KeychronJP | Mac、Windows、電話用のワイヤレスメカニカルキーボード
  2. ロープロファイル Gateron メカニカルスイッチセット – KeychronJP | Mac、Windows、電話用のワイヤレスメカニカルキーボード
  3. Gateronロープロファイルスイッチセット – KeychronJP | Mac、Windows、電話用のワイヤレスメカニカルキーボード

1及び2は上記ページに掲載されているものと同系統であり、3だけが本稿で取り扱うChoc V1スイッチと同系統と思われる。
そして、3から「対応キーボード」としてリンクされているのが以下のものだ。

なんとJISレイアウトである。そして製品名(とURL)はバージョン4となっている。USレイアウトの方はバージョン5だ。
つまり、K1のバージョン5からChoc V2互換のスイッチに変更されているのだ
(JISレイアウトのバージョン5は製造が遅れている旨をどっかで読んだのだが、記事を見失ってしまった……)

ちなみに、先述のロープロファイル製品の中で、他にK3がバージョンアップされているわけだが、下記記事の時期からして初期バージョンからChoc V2互換だったと思われる。

つまり、Choc V1互換のKeychronは、バージョン4までのK1のみだということになる。
では、バージョン4以前のK1に適合するキーキャップが販売されているのかというと……

完売である。キーボード本体もだ。

ちなみに、Keychronの国内販売代理店であるKOPEK JAPANのウェブサイト

では、K1紹介ページの一部でChoc V1互換の画像が掲載されているのだが、ホットスワップ動画はChoc V2互換だし、バージョンも5なので旧バージョンの画像をそのまんま使ってる不届きなだけだと思われる。

というわけで、正規ルートでの入手は詰んでしまったので、この記事は終わりだ。
メルカリ等で入手する場合は、必ずバージョンを確認することを勧める。

Discussion

ログインするとコメントできます