Mac OS BigSurにした後にrubyのバージョン指定インストールで困った話(と解決法)

1 min read読了の目安(約1400字

自己紹介

初めまして。プログラミングスクールを卒業して自社開発企業のエンジニアとフリーランスをやっているです。
今回は、rubyであるバージョンを指定してインストールした際に、つまづいた状況とその解決法をお伝えします。よろしくお願いします。

前提知識

  • rbenvやhomebrewと聞いてピンとくる方

起こったこと

Rubyの2.7.2バージョンをインストールしようと思った。

rbenv install --listを実行するも一覧に2.7.2がない!

つまり、rbenvのアップデートが必要。

brew upgrade rbenv ruby-buildを実行。そしたら…以下のエラーが発生。

Error: Your CLT does not support macOS 11.
It is either outdated or was modified.
Please update your CLT or delete it if no updates are available.
Update them from Software Update in System Preferences or run:
  softwareupdate --all --install --force

If that doesn't show you an update run:
  sudo rm -rf /Library/Developer/CommandLineTools
  sudo xcode-select --install

Alternatively, manually download them from:
  https://developer.apple.com/download/more/.

といった感じです。

解決法

まず、上に書いてあるコマンドをそのまま実行します。

sudo rm -rf /Library/Developer/CommandLineTools
sudo xcode-select --install

その後、brew upgrade rbenv ruby-buildを実行。
rbenv install --listを実行。

…まだ出てこない。

無理にやってみる

$ rbenv install 2.7.2

結果

ruby-build: definition not found: 2.7.2
See all available versions with `rbenv install --list'.
If the version you need is missing, try upgrading ruby-build:
cd /Users/yuki/.rbenv/plugins/ruby-build && git pull && cd - 注目!

なんかいいアドバイスが出ている…

cd /Users/yuki/.rbenv/plugins/ruby-build && git pull && cd - を実行。

これで一覧表示したら、無事出てきました!

rbenv install 2.7.2で終了。

誰かのためになれば幸いです。