🛁

フロントエンドを知らない一般人がトレンディなフレームワーク SvelteKit を眺める - ルーティング編 -

2022/12/21に公開約5,800字

TL;DR

  • SvelteKit のルーティング機能を試す
  • いい感じのフローをつくれる Svelvet を使ってみる

はじめに

前回の記事では、SvelteKit のデモアプリを表示させてみました。
それだけでは味気ないので、SvelteKit のルーティング機能を使ってみようと思います。(一般人なのでほんの触りだけですが...)
また、テキストだけ変えて表示するのも退屈かもしれないので、いい感じのフローを作成できる Svelvet を導入してみたいと思います✨

デモアプリにメニューを追加してみよう

前回の記事の環境を前提として進めます。
まだご覧頂いていない方は、先に👇の記事をみてみてください。

https://zenn.dev/casa_snona/articles/vscode-sveltekit-local-env

それでは早速、SvelteKit のルーティング機能を使ってデモアプリのメニューを追加してみます。
メニュー名は後ほど登場する Svelvet としておきます。

ヘッダーメニューの HTML を変更

Header.svelte で、ヘッダーメニューの項目を表示している箇所を見つけて、Svelvet メニューを次のように追加してみます。

my-app/src/routes/Header.svelte
    <li aria-current={$page.url.pathname === '/' ? 'page' : undefined}>
        <a href="/">Home</a>
    </li>
    <li aria-current={$page.url.pathname === '/about' ? 'page' : undefined}>
        <a href="/about">About</a>
    </li>
    <li aria-current={$page.url.pathname.startsWith('/sverdle') ? 'page' : undefined}>
        <a href="/sverdle">Sverdle</a>
    </li>
+   <li aria-current={$page.url.pathname === '/svelvet' ? 'page' : undefined}>
+       <a href="/svelvet">Svelvet</a>
+   </li>

上記追加して、デモアプリを表示してみると次のようにメニューが追加されているかと思います。

ここで、メニューをクリックするとページが見つからないよと言われてしまいます。
表示したい /svelvet へのルーティングを設定する必要があります。

ルーティングを設定する

SvelteKit のルーティングは、フォルダ階層やフォルダ名で設定することができます。
つまり、フォルダ構成を見ればどのような URL でアクセスできるのかがわかります。(Nuxt.js も同じようなスタイルでルーティングを行うようです)

では、ルーティングを設定してみます。
まずは、my-app/src/routes 配下に svelvet というフォルダを作成します。
さらに、作成した svelvet フォルダの中に +page.svelte というファイルを作成します。

この時点で Svelvet メニューにアクセスすると、先程の 404 エラーは消えているかと思います。
ただ、真っ白ですね😅
なので、見出しだけ追加してあげましょう。

my-app/src/routes/svelvet/+page.svelte
<h1>Svelvet</h1>

http://localhost:5173/svelvet でアクセスすると見出しが表示できたので、ちゃんとルーティングできていることがわかりますね!

Svelvet でフローを表示する

https://www.svelvet.io/

Svelvet は、いい感じのフローを作成するための Svelte のライブラリです。
百聞は一見に如かずなので、まずは表示させてみましょう。

では、次のコマンドで Svelvet をインストールします。

npm install svelvet

次に、+page.svelte の中身を👇に書き換えます。

my-app/src/routes/svelvet/+page.svelte
<script>
    import Svelvet from "svelvet";

    const initialNodes = [
      {
        id: 1,
        position: { x: 150, y: 50 },
        data: { label: "Landing Page" },
        width: 175,
        height: 40,
        bgColor: "white"
      },
      {
        id: 2,
        position: { x: 50, y: 150 },
        data: { label: "Register" },
        width: 150,
        height: 40,
        bgColor: "white"
      },
      {
        id: 3,
        position: { x: 300, y: 150 },
        data: { label: "Login" },
        width: 150,
        height: 40,
        bgColor: "white"
      },
      {
        id: 4,
        position: { x: 300, y: 250 },
        data: { label: "2-Step Verification" },
        width: 150,
        height: 40,
        bgColor: "white"
      },
      {
        id: 5,
        position: { x: 200, y: 350 },
        data: { label: "Account Page" },
        width: 150,
        height: 40,
        bgColor: "white"
      },
      {
        id: 6,
        position: { x: 400, y: 350 },
        data: { label: "Initialize purchase process" },
        width: 150,
        height: 50,
        bgColor: "white"
      },
      {
        id: 7,
        position: { x: 300, y: 450 },
        data: { label: "Finalize purchase" },
        width: 150,
        height: 50,
        bgColor: "#B8FFC6",
        borderColor: "#B8FFC6"
      },
      {
        id: 8,
        position: { x: 500, y: 450 },
        data: { label: "User Exits" },
        width: 150,
        height: 50,
        bgColor: "#FFB8B8",
        borderColor: "#FFB8B8"
      }
    ];

    const initialEdges = [
      { id: "e1-2", source: 1, target: 2 },
      { id: "e1-3", source: 1, target: 3, animate: true },
      { id: "e2-3", source: 2, target: 5 },
      { id: "e3-4", source: 3, target: 4, animate: true },
      { id: "e4-5", source: 4, target: 5 },
      { id: "e4-6", source: 4, target: 6, animate: true },
      { id: "e6-7", source: 6, target: 7, animate: true },
      { id: "e6-8", source: 6, target: 8 }
    ];
</script>

<h1>Svelvet</h1>

<Svelvet nodes={initialNodes} edges={initialEdges} width={1000} height={800} background />

それでは表示してみましょう!

キャンバスによくわからないけどいい感じのフローが出てきましたね✨
画像ではわからないですが、実物は破線がアニメーションなんかしちゃってますよ!

さらに、ノードの中に HTML なんかも書けたりするようです。
スクリプトで動的にフローを変化させることもできそうなので、依存関係のあるステップを表現する必要がある Web サービスにはうってつけな気がします。


ノードに HTML が書ける

最後に

SvelteKit ではルーティングの設定をフォルダの階層で表現できることがおわかりいただけたかと思います。
これで少しフロントエンドの入門ができた気がしました。(気がするだけです🥹)

また、Svelte のライブラリの Svelvet もいい感じですね!
ぜひ皆さんも使ってみてください。

えっ?、Svelvet みたいなライブラリみたことあるって?
気づいちゃいましたか、、、これだから勘のいいピー&#☭〄;$※♂☞?

実は、Svelvet は React Flow にインスパイアされてつくられています。

GitHub の README にちゃんと記載されていますね。
なので、React の経験がある方はそんなに感動しないかもしれませんね。

筆者はフロントエンドに触れる機会があまりなかったので、今回の執筆を通じて大変勉強になりました!
年の瀬も近づいてきて、弊社アドベントカレンダーも残り僅かですが、引き続きお楽しみいただければ幸いです🙏

それでは、またどこかでお会いしましょう。
See you next バイバイ🤞

Discussion

ログインするとコメントできます