🤟

Nuxt.jsのaxios.getと$getの違い

1 min read

Nuxt.jsでaxiosを使っていたら、get$getというのがでてきて何が違うのか
わからなかったので調べてみました。

結論

Nuxt.jsでaxiosを使うときは@nuxtjs/axiosを使うことが多いかと思いますが、
このプラグインではdataを直接取れるメソッドが用意されているようです。(プレフィクスで$をつける)

  • $get → dataのみ((\$axios.get(url)).dataの省略)
  • get → headers含めて取得

確認コード

<template>
  <div class="container">
    <div>
      <button @click="get">get()の場合</button>
      <button @click="$get">$get()の場合</button>
    </div>
  </div>
</template>

<script lang="ts">
import Vue from "vue";
const url = "https://jsonplaceholder.typicode.com/users";

export default Vue.extend({
  methods: {
    async get() {
      console.log("get()の場合");
      console.table(await this.$axios.get(url));
    },
    async $get() {
      console.log("$get()の場合");
      console.table(await this.$axios.$get(url));
    },
  },
});
</script>

getと$getで取れるものの違いを確認してみました。

get()の場合

Image from Gyazo

※ dataの中身
Image from Gyazo

$get()の場合

上のdataと同じものが取れている

Image from Gyazo

参考資料

Discussion

ログインするとコメントできます