😊

Laravel8の終焉まであとわずか!

2023/01/12に公開約1,700字

はじめに

公式のSupport Policyにあるように、Laravel8のEOLは2023/1/24となっています。本稿執筆時の2023/1/12において、あと2週間を切りました。Laravel8を利用している開発者・運用者の方はご留意いただき、Laravel9へのバージョンアップ対応の準備をしたいところですね。(いまさら感はありますが...)

以下は上記のSupport Policyからの抜粋です。

バージョン PHPバージョン リリース日 バグフィックス セキュリティフィックス
6 (LTS) 7.2 - 8.0 2019/9/3 2022/1/25まで 2022/9/6まで
7 7.2 - 8.0 2020/3/3 2020/10/6まで 2021/3/3まで
8 7.3 - 8.1 2020/9/8 2022/7/26まで 2023/1/24まで
9 8.0 - 8.1 2022/2/8 2023/8/8まで 2024/2/6まで
10 8.1 2023/2/7 2024/8/6まで 2025/1/4まで

やること

  • Upgrade Guideに丁寧にアップグレードの手順が記載されています。それに従って、まずはソースコードの修正を行いましょう。
  • システムが問題なく動作するか、システム全体の統合テスト(回帰テスト)をステージング環境など本番環境と同等の環境で行いましょう。メジャーバージョンのバージョンアップは大規模なFWの改修となるので、広範囲の回帰テストは必須です。自動化されている場合は自動テストを実行するだけですが、そうでない場合は人力で確認するしかありません。
  • リリース可という判断になればリリースしましょう。

回帰テストを人力で行う場合、工数やリソースの関係で全てのテストができないケースも考えられます。機能ごとに優先度を割り振り、重要でない機能は簡単なテストにするなどの工夫が必要です。

その他、利害関係者との認識合わせが必要です。受託などのケースでは発注者を説得する必要があるかもしれません。

バージョンアップしないとどうなるのか?

バージョンアップしないからといって、すぐにどうなるものでもありません。ただし、インパクトのある脆弱性が発生した場合、Laravel8ではセキュリティフィックスは行われません。したがって、その時点でLaravel9にバージョンアップしたとしても、メジャーバージョンのアップグレードは一筋縄ではできないため、その隙に攻撃される...といった最悪の自体を招く可能性もあります。

バージョンアップするだけでよいのか?

いいえ。オープンソースのセキュリティフィックスは日々行われています。Laravelも同様です。定期的にセキュリティの更新情報を監視し、常に最新のバージョンになるように努めましょう。(セキュリティパッチのアップグレードはそれほどの工数を必要としません)

次期Laravel10へのバージョンアップを見据える

Laravel9のEOLは2024/2/6です。直前になって慌てないためにも、余裕を持ったバージョンアップ計画を立てておきましょう。

まとめ

  • Laravel8のEOLまで2週間を切りました。(2023/1/12時点)
  • Laravel9へのバージョンアップ対応の準備をしましょう。
  • バージョンアップはドキュメントの手順に従いましょう。
  • システム全体の回帰テストを行いましょう。
  • Laravel9へのバージョンアップで終わらず、定期的にセキュリティ対応を行いましょう。
  • バージョン10への対応も見据えて早めの計画を立てておきましょう。

Discussion

ログインするとコメントできます